スポンサーリンク

【AEW】カイル・オライリーが盟友アダム・コールとの強い絆を語る。「俺たちのキャリアは永遠に運命づけられている。いつかまた絡むだろう」

インタビュー

AEW設立以降、WWE・NXTでUndisputed Eraのメンバーとして活躍していたメンバーたち(アダム・コール、カイル・オライリー、ボビー・フィッシュ、ロデリック・ストロング)はそれぞれ別のタイミングでAEWへ合流しました。

フィッシュはすでに退団してしまいましたが、その他の3人は厄介な負傷に直面しながらも活動を続けています。

【AEW】カイル・オライリーが深刻な首の負傷からの復帰を語る。「忍耐強さが大事だ。あと、レスラーよりも父親のほうが向いていると気付いたよ」
2022年6月に試合中に首を負傷し、長期欠場していたカイル・オライリー。 首の固定手術を余儀なくされた彼は、手術による合併症に苦しめられ、右腕の感覚がなくなるという深刻な事態に陥り...
【AEW】アダム・コールが足首の負傷を語る。「感情的には、キャリアで一番しんどい怪我だ」
MJFとサモア・ジョーの試合中に花道からリングサイドに飛び降りて足首を骨折したアダム・コール。 まさかの形で負傷してしまった彼は、10月上旬に手術を受け、復帰に向けたリハビリを重ね...
【AEW】ボビー・フィッシュが盟友ロデリック・ストロングのAEW入団を語る。「親友たちが活躍するのを見るのは幸せだ」
AEWへサプライズ入団したロデリック・ストロング。 彼は、WWE・NXTで活躍していたユニット「The Undisputed Era」の仲間だったアダム・コールがジェリコ感謝協会の...

首の負傷による長期離脱からようやく復帰したカイル・オライリーは、ROH時代からの盟友であるコールとの関係を特別視し、いつかまた運命の意図が絡み合うことを理解しているようです。最新のインタビューで、彼はコールとの強い絆と運命を語りました。

俺のキャリアとアダム・コールのキャリアは、常に何らかの形で絡み合っているんだ。ジョーカーとバットマンのように、永遠に運命づけられているような気がしているよ。

だから、もちろん、いつか再び同じリングに上がることになるだろう。残念ながら、彼は今、足首のケガに悩まされているね。復帰がいつになるにせよ、彼の状態が100%に戻ったら、仲間としてか敵としてか、また何らかの形で絡むことになるはずだ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】ウィル・オスプレイが「地元イギリスとアメリカを往復する生活」を語る。「日本との行き来のほうがよっぽど大変。うまくやってる」
地元イギリスでの生活を続けられる、という条件でAEWと契約したウィル・オスプレイ。 彼にとって、生活の拠点であり、家族とともに暮らすイギリスでの時間は非常に大事。2023年に複数団...
【AEW】ケニー・オメガが間もなく憩室炎の手術を受けることを明かす。「大手術だけど、優秀な医師が執刀してくれる。幸運だ」
憩室炎に苦しみ、2023年12月から闘病が続くケニー・オメガ。 先日、彼は地元カナダ・ウィニペグで開催されたDynamiteに登場し、The Elite(ヤング・バックス、オカダ・...
タイトルとURLをコピーしました