スポンサーリンク

AEWは「素晴らしいバックステージを持つ楽しい職場から、いい生活はできるが出世のできないストレスのたまる職場」になった?

ニュース

AEWの巨大なロースターと番組に出演できるレスラーの枠が限られていることに関連した不満は、以前から度々報じられてきました。

2019年の旗揚げ以降、AEWは積極的に多くのレスラーを獲得し、ロースターを拡大してきました。CMパンクやブライアン・ダニエルソン、オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイといった大物レスラーたちの入団は団体を勢いづかせましたが、入団前からビッグスターだった彼らの存在は、これからAEWでスターになっていこうとしている若手・中堅たちから活躍の機会を奪ってしまうという側面もあります。

かつて、AEWは「クリエイティブの自由が保証され、のびのびと活躍できる理想的な団体」だと考えられていた時期もありました。しかし、出だしこそ好調なもののその後停滞してしまうスタートアップ企業が多いのと同様に、若い団体であるAEWにも閉塞感が漂っています。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、現在、AEWでは「試合に出場できる時間の不足や、上昇していく機械の少なさ」が不満のタネになっているのだそうです。

AEWは、WWEの選手たちがびくびくしていた時期に、素晴らしいバックステージの友好関係を持つ楽しい職場だった。しかし、今では多くのレスラーが、いい収入……時には大きな収入を得ているものの、思っていたほどリングに立てず、出世もできないことにかなりのフラストレーションを感じている。

Dynamiteしか番組がなかった頃とは違い、今はAEWの番組が週に7時間も放送されています。しかし、多くのファンは「AEWはロースターを十分に活かしきれていない。プッシュするべきレスラーをプッシュできていない」と考えているのも事実です。

(Wrestling Observer, WrestlePurists)

あわせて読みたい

【WWE】ドミニク・ミステリオがレッスルマニア39での親子喧嘩マッチ後に父レイから食事に誘われ…「行くわけないだろ」
2023年のレッスルマニア39で行われた試合の中でも、レイ・ミステリオとドミニク・ミステリオによる親子喧嘩マッチは非常に大きな注目を集めました。 親離れし、ヒールターンしたことでW...
【AEW】ダービー・アリンがスティング引退試合での「ガラスへの決死のダイブ」を振り返る。「受け身は難しくなかった。脇腹に穴が空いたけどね」
2024年のRevolutionで行われたスティングの引退試合。AEWで彼のパートナーとして活躍してきたダービー・アリンは、そこで世界中を驚愕させる瞬間を生み出しました。 リング上...
タイトルとURLをコピーしました