スポンサーリンク

【WWE】パイパー・ニブンがドリュー・マッキンタイアの影響力を語る。「スコットランド人でもWWEスターになれるという道を示してくれた」

インタビュー

スコットランド出身のプロレスラーたちにとって、ドリュー・マッキンタイアは希望の星です。

1985年生まれのマッキンタイアは22歳の2007年にWWEと契約。高い期待を寄せられましたが才能を開花させることはできず、2014年に退団しました。その後、彼はTNAで活躍し、WWEから再びチャンスを得て2017年に復帰。その後、彼は新型コロナウイルスのパンデミックという危機に直面したWWEでWWE王座のチャンピオンとして奮闘し、団体を支えました。

【WWE】ドリュー・マッキンタイアが「夢を追うために母国を離れることの難しさ」を語る。「アメリカに引っ越し…家族が後押ししてくれた」
アメリカの大手団体であるWWEで活躍するという夢を追うために、アメリカ国外のレスラーたちは大きなリスクを負うことになります。 スコットランド出身のドリュー・マッキンタイアは、WWE...

彼と同じスコットランド出身のWWEスーパースター、パイパー・ニブンにとって、マッキンタイアは同郷の良き先輩。最新のインタビューで、彼女はマッキンタイアがスコットランド出身のレスラーたちにとってどれほど大きな存在なのかを語りました。

叔父から聞いた話だけど、ベンチプレスの世界記録って誰も破れないと思われてたんだって。でもある年、一人の人が記録を更新した。そしたらその年、他の3人もその記録を塗り替えたんだってさ。記録更新が可能だと信じられるようになったからなんだよね。

ドリュー(・マッキンタイア)は、スコットランド人レスラーだってWWEに行けるんだって信じさせてくれた人なんだ。ドリューはまさに開拓者。WWEに行く道があるんだって教えてくれた。何かが可能だと信じられるようになった瞬間、それが原動力になるんだよ。困難や障害があっても前に進む原動力になる。希望を与えてくれる。

(POST Wrestling)

あわせて読みたい

【WWE】ザ・ミズが仕事の流儀を語る。「任された仕事がなんであれ、それを引き上げるのが使命だ」
RトゥルースとのタッグでWWE世界タッグ王座を保持するザ・ミズ。 WWEの生え抜きスターである彼は、長年にわたって団体の発展に大きく貢献し、その実力や貢献度は誰もが評価しています。...
【WWE】コーディ・ローデスが統一王座チャンピオンとしてのプライドを語る。「新時代を反映する試合を望んでいる」
レッスルマニア40でローマン・レインズを倒し、統一王座のチャンピオンになったコーディ・ローデス。 このショーにはビンス・マクマホンが一切関与しておらず、WWEの新時代到来を告げる2...
タイトルとURLをコピーしました