スポンサーリンク

【WWE】タイナラ・コンティが「いざこざ」が原因で退団したと報じられる

ニュース

ブラジル出身の若手女子レスラー、タイナラ・コンティ(24)が1月中旬にWWEを退団していたことがわかりました。

報道によれば、彼女が団体を去った理由は「いざこざ」とのこと。Fightfulによれば、金銭面で何らかの問題が生じたようです。現地時間1月15日に放送されたNXTのNXT王座への挑戦権を賭けたナンバーワン・コンテンダー・バトルロイヤル・マッチへの出場を拒否し、それ以来WWEパフォーマンスセンターから姿を消したとのこと。何が起きたのか、詳しいことはわかっていません。

彼女は2016年にWWEに入団。2018年のレッスルマニア35で行われた女子バトルロイヤル・マッチに出場し、レッスルマニアに出場した初のブラジル人レスラーになりました。

現在、コンティはSNSアカウントのプロフィール欄からWWE関連のワードを削除しています。

Santana Garrett vs. Taynara Conti: WWE NXT, Nov. 6, 2019

(Fightful, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンはマット・リドルの挑発的な態度を嫌っている?
現地時間1月26日に開催されたPPV"Royal Rumble"の男子ロイヤルランブル・マッチに出場するも、あっという間にイリミネートされてしまったマット・リドル。その理由について、バックステージ・ヒートが原因だという報道がありました。 ...
新日本プロレスが8月にマディソン・スクエア・ガーデン大会の開催を計画していると報じられる
2019年4月、新日本プロレスはROHと合同でマディソン・スクエア・ガーデン大会"G1 SUPERCARD"を開催しました。WWEとの関係性が非常に強い会場で非WWEの団体が興行を打つ、というのは偉業です。MSGでは60年近くマクマホン一家...
タイトルとURLをコピーしました