スポンサーリンク

AEWがジェフ・コブに対し「新日本プロレスにも出場可能なオファー」を出したと報じられる

ニュース

現地時間2月19日に放送されたDynamiteでジョン・モクスリーを相手にAEWデビュー戦を行ったジェフ・コブ。彼はフリーランス・レスラーとしてAEWに出場しており、両者の間でフルタイム契約が結ばれたわけではないと報じられていました。

レスリング・オブザーバーによれば、今週、AEWはコブに対し契約のオファーを出したとのこと。「新日本プロレスへも出場可能」な内容だったものの、交渉は決裂したそうです。

現在、コブは、以前のようなフルタイムでの出場ではなく、スポット参戦という形でROHにも参戦しています。彼は、2019年のインタビューの中で、2018年にROHと契約を結んだのは「クリストファー・ダニエルズの影響」と「ROHと新日本の提携」が大きな要因だと語っていました。コブは現在も新日本への参戦を強く希望し続けています。

AEWに登場のジェフ・コブ。現在の目標は「新日本プロレス」
現地時間2月12日に放送されたAEW・Dynamiteにサプライズ登場し、ジョン・モクスリーにツアー・オブ・ジ・アイランドを決めたジェフ・コブの最新情報です。 1月1日にROHとの単年契約が切れたコブは、現在フリーランス・レス...

これはあくまで個人的な憶測ですが、これこそが破談の原因だったかもしれません。AEWの一部レスラーは日本の団体にも出場可能な契約を結んでいます。クリス・ジェリコやジョン・モクスリーはこの契約のおかげで新日本に参戦することが可能なのです。コブも同様の契約を持ちかけられたものと思われますが、AEW所属レスラーは基本的にAEWのスケジュールを優先しなければならず、新日本のアメリカ大会への出場は許可されないため、仮に契約を結んだ場合、新日本への参戦は限定的なものになってしまうでしょう。

AEWとの契約が合意に達しなかったコブが今後どの程度AEWと関わっていくのかは不明です。「数回」の出場は決まっているそうですが、具体的な数字はわかりません。

ちなみに、ケニー・オメガもジェリコ&モクスリーと同様の契約を結んでいることは周知の通り。しかし、報道によれば、ヤング・バックスとダニエルズも日本での活動が許される契約なのだそうです。この件は全く知りませんでした……。

(Wrestling Observer, Fightful)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タンガ・ロアが「2018年のBullet Club分裂」について語る
兄タマ・トンガとのタッグチーム「ゲリラズ・オブ・デスティニー」のメンバーとして活躍するタンガ・ロアが、Bullet Clubの歴史において非常に重要な時期だといえる「2018年」について語りました。 2018年、当時のリーダー...
バッドラック・ファレが新日本プロレスとの契約状況を明かす
Bullet Clubのバッドラック・ファレがFightfulのインタビューに応じ、様々な事柄について語っています。その中で、新日本との契約についても触れていました。 ファレは2010年4月に中西学戦でデビュー。2013年には...
タイトルとURLをコピーしました