スポンサーリンク

WWEが日本にパフォーマンス・センターを開設すると報じられる

ニュース

WWEが日本進出を狙っているというのは有名な話で、2019年の秋頃にはNXT JAPAN旗揚げに向けた何らかの発表があるのではないかという噂が流れました。プロレスリング・ノアの買収に失敗したことも話題になりましたね。

NXT JAPAN立ち上げに向けたWWEのこれまでの動き & 最新情報をチェックしよう
昨日、レスリング・オブザーバーはDaily Updateで「計画がダメにならなければ、今週中に日本で大きなことが起こる」と、日本で何かが動いていることを報じました。様々な憶測が飛び交っていますが、そのうちの1つである「NXT JAPAN立ち...

しかし、それでも諦めていないようです。レスリング・オブザーバーは、「すべてが予定通り進めば」今後数ヶ月以内に、おそらく夏頃にはWWEが日本でのパフォーマンス・センター開設のアナウンスをするだろうと報じています。夏のジャパンツアーで何らかの発表があるのかもしれません。

WWEはすでにアントニオ猪木&馳浩と接触して政治情勢について尋ねるといった準備を進めているとのこと。

日本にパフォーマンス・センターを作るということは、NXT JAPAN発足に向けて本格的に動くということでしょう。2019年にWWEが接触を試みたと報じられたSTARDOMはブシロードに、ノアはサイバーエージェントに買収されています。他の団体の買収に着手するのか、それとも1からブランドを築き上げるのか?どうなるんでしょうね。

まさか直接関与はしないでしょうし、単に話を聞かれただけなんでしょうが、ここに何かと話題の猪木の名前が出てきたというのはちょっと面白いですね。日本のプロレス界も色々と動いていますし、報道に目が離せなくなってきました。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タンガ・ロアが「2018年のBullet Club分裂」について語る
兄タマ・トンガとのタッグチーム「ゲリラズ・オブ・デスティニー」のメンバーとして活躍するタンガ・ロアが、Bullet Clubの歴史において非常に重要な時期だといえる「2018年」について語りました。 2018年、当時のリーダー...
バッドラック・ファレが新日本プロレスとの契約状況を明かす
Bullet Clubのバッドラック・ファレがFightfulのインタビューに応じ、様々な事柄について語っています。その中で、新日本との契約についても触れていました。 ファレは2010年4月に中西学戦でデビュー。2013年には...
タイトルとURLをコピーしました