スポンサーリンク

【AEW】Dynamiteの試合をプロデュースしているのは誰?

ニュース

現地時間2月19日に放送されたDynamiteの裏話をレスリング・オブザーバーが紹介しています。

オブザーバーによれば、第1試合のAEWタッグ王座への挑戦権を賭けたバトルロイヤル・マッチは社長のトニー・カーンがシナリオを書いたそうです。ここ最近、彼は番組に対して以前よりも実地的なアプローチを取っていると報じられています。

カーンはAEW旗揚げまではプロレスの業界人ではありませんでした。そのため、彼はBJホイットマー(コーチ)とQTマーシャル(アソシエイト・プロデューサー)を補佐に付け、ヤング・バックスの協力も得つつ試合を作ったそうです。

彼の他に、Codyとケニー・オメガが自分自身の試合を、クリス・ジェリコとディーン・マレンコ(シニア・プロデューサー)がジェリコとジョン・モクスリーのセグメントをプロデュースしたとのこと。また、ケニーはクリス・スタットランダー VS シャナの試合も担当したそうです。

カーンとマレンコを除けば、現役世代が頑張っているという印象を受けます。「現役の一流レスラーが作る番組」という点はWWEとの明確な相違点ですね。カーンが本格的にプロデュース業に着手することになるのであれば、1年ちょっと前まで「ただの金持ちプヲタ青年」だった男がどんな試合を作っていくのか、ちょっと楽しみです。

(Wrestling Observer, WrestleZone)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タンガ・ロアが「2018年のBullet Club分裂」について語る
兄タマ・トンガとのタッグチーム「ゲリラズ・オブ・デスティニー」のメンバーとして活躍するタンガ・ロアが、Bullet Clubの歴史において非常に重要な時期だといえる「2018年」について語りました。 2018年、当時のリーダー...
バッドラック・ファレが新日本プロレスとの契約状況を明かす
Bullet Clubのバッドラック・ファレがFightfulのインタビューに応じ、様々な事柄について語っています。その中で、新日本との契約についても触れていました。 ファレは2010年4月に中西学戦でデビュー。2013年には...
タイトルとURLをコピーしました