スポンサーリンク

アレクサンダー・ウルフとルーク・ハーパーがWWE退団へ。”SAnitY”は解散【UPDATE】

今朝、2人のWWEスーパースターがWWEからの退団を表明しました。

アレクサンダー・ウルフ

1人はアレクサンダー・ウルフ。SmackDown所属で、”SAnitY”のメンバーです。2015年にWWEに入団すると、2016年にソーヤー・フルトン、エリック・ヤング、ニッキー・クロス、キリアン・デイン(後に参加)と”SAnitY”を結成。NXT時代は評判の良いユニットでした。

しかし、2018年4月にエリック・ヤング、キリアン・デインと共にメインロースターに昇格すると、6月まで本放送どころかダークマッチにすら出場できないという扱い方で冷遇されていました。

そんな中、ウルフはTwitterでWWEからの退団とSAnitYの解散を表明。

このツイートが、WWEにリリースを要求したことを意味するのか、リリースの要求が受け入れられたことの報告なのか、はたまたアングルか。真相は今後明らかになると思われます。

ルーク・ハーパー

もう1人はルーク・ハーパー。近年はブラジオン・ブラザーズの一員としてローワンとタッグを組んで活動していました。2018年は2人とも怪我をしてしまい、タッグチームとしての活動は8月が最後。怪我から復帰した今年の3月からはシングルプレイヤーとしてライブイベントに出場していました。最近のローワンはダニエル・ブライアンとタッグを組んでいたので、ブラジオン・ブラザーズは復活出来なかったのかもしれません。

今朝、ハーパーはTwitterでWWEにリリースを要求したと表明。

2019年はWWEに不満を抱くレスラーたちがリリースを要求する件が多発しています。The Revival、マイク&マリア・ケネリス、ヒデオ・イタミ、タイ・デリンジャー、ディーン・アンブローズ、サーシャ・バンクス。

https://wrestling-now.net/archives/594

この内退団が決まったのはヒデオ・イタミとタイ・デリンジャーの2人だけ(ディーン・アンブローズは退団の可能性もあるものの、実際には6ヶ月の長期休暇)ですが、レスラーたちに不満を募らせる状況を改善しないと、今後も続くかもしれません。ハーパーはともかく、ウルフはブッキングへの不満が上記のツイートの原因になっているでしょうし。

 

■追記(04/17 20:28)

Pro Wrestling Sheetsによれば、アレクサンダー・ウルフとWWEの契約はまだ残っているそうです。ただし、彼はNXTに戻る可能性があるとのこと。

 

・あわせて読みたい

WWEウォー・レイダース(ロウ&ハンソン)が改名させられてファン激怒
NXTタッグ戦線の軸だったウォー・レイダース。2018年にROH・新日本プロレスを退団してWWE入りし、名勝負を次々と生み出していました。先日のNXT Takeover: New YorkではNXTタッグ王座を防衛し、メインロースター昇格が...
先行きがかなり不安な新日本プロレス"G1 CLIMAX in Dallas"/ トミー・ドリーマーから重大発表
ニュースをまとめて紹介。 新日本プロレス G1 CLIMAX in DALLASのチケットについて 今年のG1 CLIMAXの開幕戦はアメリカ・ダラスで開催されます。新日本は既に出場レスラーの一部を発表。オカダ・カズチカ、内藤哲...
常に去就に注目が集まる中邑真輔。今後についてデイブ・メルツァーが発言
2016年にWWEに移籍し、NXTでセンセーショナルを巻き起こした中邑真輔。メインロースター昇格後は2018年1月にRoyal Rumbleで優勝し、レッスルマニア34でWWE王座をかけてAJスタイルズと死闘を演じました。この試合でヒールタ...
タイトルとURLをコピーしました