スポンサーリンク

【NXT VS AEW】Dynamiteが全体5位の高レイティングを記録。NXTは苦戦が続く

データ

WWE・NXTとAEW・Dynamiteによるレイティング戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間3月4日放送分の結果が出ました。

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 718,000世帯(前週717,000)
  • Dynamite: 906,000世帯(前週865,000)

“Revolution”後の放送となったDynamiteは数字を伸ばし、2月5日放送分以来の90万台を記録しました。一方、NXTは70万台で足踏みが続いています。

もう1つの重要な数字である、18〜49歳の視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.23(前週0.23)
  • Dynamite: 0.35(前週0.3)

Dynamiteがここでも大きく数字を伸ばしました。これはケーブルテレビ局で水曜日に放送された全番組中5位の好成績です。一方のNXTは20位。

年齢・性別別の数字では、50歳以上の男女で両番組が共に0.34を記録したものの、それ以外のすべての数字でDynamiteが勝利しています。特に、18〜49歳の男性の視聴率は0.2もの差がついており(NXT: 0.29, Dynamite: 0.49)、NXTの課題が浮き彫りになっています。

あわせて読みたい

【WWE】ポール・ヘイマンによるリコシェとシェイナ・ベイズラーのプッシュにビンス・マクマホンが反対?
RAWのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるポール・ヘイマンと、WWEの最高責任者ビンス・マクマホンとの間で2人のレスラーに対する意見が対立しているようです。 先日行われたサウジアラビア大会"SUPER SHOWDOWN"で...
AEWに新ユニット誕生。PAC & ルチャ・ブラザーズの"Death Triangle"
AEWに新ユニットが誕生しました。 3月4日に放送されたDynamiteで、チャッキーT VS PACのシングルマッチが行われました。ベストフレンズ(バレッタ & チャッキーT & オレンジ・キャシディ)とPA...
タイトルとURLをコピーしました