スポンサーリンク

【WWE】元NFLのスター選手、ロブ・グロンコウスキーが契約間近?

ニュース

NFLのニューイングランド・ペイトリオッツで活躍したスター選手、ロブ・グロンコウスキーがWWEと契約間近だと報じられています。

WWE Backstageの最新回で、ニュースコーナーを担当しているPro Wrestling Sheetのライアン・サティンは、グロンコウスキーが「WWEとの交渉を進めており、間もなく合意に達する見込みだ」と報告しました。彼がどのような役割を担うことになるのかは不明とのことですが、3月20日に放送されるSmackDownに登場するかもしれないとのこと。

グロンコウスキーは現在30歳。2010年から2018年までペイトリオッツで活躍し、チームの3度のスーパーボウル制覇に貢献しました。2019年3月に引退を表明した後はFOXのNFL番組でスポーツアナリストに起用されています。

NFL日本語公式サイトが彼の引退を報じた記事を読むと、アメフトを知らない人にも、彼がどういう存在だったのかが分かると思います。一部を引用します。

9年の現役生活を通じ、グロンコウスキーはレシーバーとブロッカーを同時にこなす球界最高峰のTEとしてリーグを支配した。体格とスキルのユニークなコンビネーションによって“止めることができない者”へと化したグロンコウスキーは、9シーズンの中で4度も1,000レシービングヤードを超えてきた。2011年に記録したリーグトップとなる17回のタッチダウンを含め、グロンコウスキーはプロ入り後の3年間で38回のタッチダウンを積み上げている。

プロボウル5度、オールプロ4度選出のグロンコウスキーはキャリアを通じてレギュラーシーズンには最大で144試合に出場可能だったが、腰、足首、臀部(でんぶ)、前腕、膝、頭部の負傷など、度重なるケガによってフィールドから姿を消すシーンも多く、合計29試合に欠場している。とは言え、身体にはたくさんの傷跡やあざがあるものの、グロンコウスキーが相手に打ち負かされることはほとんどなかった。

クオーターバック(QB)トム・ブレイディ時代後期において、グロンコウスキーはペイトリオッツが常勝軍団となるための重要な要素だった。

ペイトリオッツにはTEポジションの穴を埋める必要性が生じているが、リーグ最高峰の先発TEが作った穴を現在リーグに在籍する他のTEで埋めるのはかなり厳しいはずだ。

引用: NFL

グロンコウスキーは元アメフト選手で現役WWEスーパースターのモジョ・ローリーと親しく、アンドレ・ザ・ジャイアント・メモリアル・バトルロイヤル(レッスルマニア33)でのローリーの優勝をサポートするなど、WWEとのつながりは以前からありました。

WWEスーパースターになるのか、解説席に加わるのか、それとも……。今後に注目です。

あわせて読みたい

【WWE】レッスルマニア36への影響も。開催地タンパが今後開催予定のイベントを中止・延期にするかどうかの議論に入る。新型コロナウイルスの影響
現地時間4月5日に開催予定のレッスルマニア36。開催地のフロリダ州タンパでも新型コロナウイルスの感染者が確認されています。 CBSニュースのアンカー、ライアン・バスは、タンパのジェーン・キャスター市長と市の当局者が、「主要な」...
マイケル・エルガン&エディ・エドワーズが、女性レスラー、テッサ・ブランチャードの持つインパクト世界王座に挑戦!
2019年に新日本プロレスを退団し、現在はインパクト・レスリングを主戦場としているマイケル・エルガン。今日放送された番組内で、同団体の最高峰のベルト、インパクト世界王座への2度目の挑戦が決定しました。 現在、同王座のチャンピオ...
タイトルとURLをコピーしました