スポンサーリンク

【NXT VS AEW】両番組とも視聴者数が低迷。Dynamiteは2020年最低の数字

データ

2019年10月2日に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間4月1日放送分の結果が出ました。

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 590,000人(前週669,000)
  • Dynamite: 685,000人(前週819,000)

両番組とも数字が下がっています。特にDynamiteの下がり幅は大きく、2020年に入ってから最低の数字を記録しました。また、番組の歴史上3番目に低い記録でもあります。一方のNXTは2020年の記録では(試合が放送されなかった3月18日を除くと)2番目に、2019年10月2日以降では3番目に低い記録です。

両番組の視聴者数を足した数字(1,275,000)も過去最低。Yikes.

もう1つの重要な数字である、18歳から49歳までの視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.15(前週0.20)
  • Dynamite: 0.25(前週0.34)

両番組とも視聴率も2020年最低の数字。真裏にトランプ大統領のテレビ演説が放送された3月11日放送分ではDynamiteの視聴率がその他の回と比べて大幅に減少しました(0.26)が、それに近い記録になってしまいました。

水曜日に放送されたケーブルテレビ局の番組の中では、Dynamiteが37位、NXTが73位。NXTはここ最近トップ50入りするケースが減ってきています。

トップ50入りした番組はより細かな記録が公表されています。Dynamiteの年齢・性別別の数字も見てみましょう。

Dynamiteは、18−49歳の男性は高く、その一方で同年齢層の女性、そして50歳以上の男女は低くなる傾向があります。今週もその通りになりましたが、調子がいい週はトップ10入りすることもある18−49歳の男性が0.33と伸び悩み、全体の18位。18−49歳の女性は0.18でトップ50の中ではワースト2位、50歳以上の男女は0.29でワースト3位となりました。

あわせて読みたい

【AEW】TNT王座初代チャンピオン決定トーナメントの全出場者が明らかに!
現地時間4月8日のDynamite以降、AEWは新設されるシングルタイトル「TNT王座」の初代チャンピオンを決める8人制トーナメントを開催します。 昨日の"AEW Dark"で4人の出場者が発表されましたが、今日放送のDyna...
フロリダ州全体に30日間の外出禁止令が出される。WWE・AEWに影響を及ぼす可能性も
アメリカでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。 WWEとAEWは現在フロリダ州で無観客の番組を収録・放送していますが、フロリダ州では感染者が急激に増加しています。1日、デサンティス州知事は30日間の外出禁止令を出しま...
タイトルとURLをコピーしました