スポンサーリンク

【NXT VS AEW】両番組とも数字を落とす。その背景にトランプ大統領

データ

WWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間3月11日放送分の結果が出ました。

SHOWBUZZ DAILYによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

NXT: 697,000世帯(前週718,000)

Dynamite: 766,000世帯(前週906,000)

両番組とも数字を落としています。AEWに差をつけられながらも70万台をキープし続けていたNXTにとっては久々の60万台となり、2020年に入ってから好調をキープしていたDynamiteは年内最低、2019年のデータを含めると2番目に低いレイティングになってしまいました。

レスリング・オブザーバーは、今週水曜日の夜を「視聴者のほとんどがプロレス以外にも多くのことに関心を持っていた夜」と呼んでいます。実は、プロレス番組が放送されていた裏でトランプ大統領がテレビ演説を行い、新型コロナウイルスの感染拡大への対策として、欧州からの同国への渡航を30日間停止すると発表したのです。

このことも相まって、ニュース番組の視聴率が急増しました。この日の視聴率第3位に前週44位の”CUOMO PRIME TIME”が、第4位に前週49位の”CNN TONIGHT”がランクインしています。新型コロナウイルスに対する国民の関心の高さがわかりますね。

事情が事情なだけに、今週のレイティングを見てああだこうだ言うのはかわいそうな気がします。

あわせて読みたい

【WWE】フロリダ州知事が大規模な集会の開催中止・延期を求める。レッスルマニア36はどうなる?
アメリカでも新型コロナウイルスの感染は広がる一方です。現役選手に陽性反応が出たNBAは今シーズンの中断を決断するなど、スポーツ界にもその影響が出ています。 今年のレッスルマニア36は4月5日にフロリダ州タンパで開催されます。当...
wXwがレッスルマニア・ウィークエンド中のイベント中止を発表。新型コロナウイルスの影響がインディ界を直撃
WWEの年間最大興行「レッスルマニア」が開催される週末には、世界中のインディ団体が開催地周辺でイベントを行い、また世界中のレスラーがこれらに参加します。レッスルマニア・ウィークエンドはプロレス界にとって一大フェスなのです。 2...
タイトルとURLをコピーしました