スポンサーリンク

【NXT VS AEW】両番組共に視聴者数が急増。久々に大台に乗る

データ

2019年に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間5月27日放送分のレイティングが明らかになっています。

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 731,000人(前週592,000)
  • Dynamite: 827,000人(前週701,000)

10万人以上の大幅増。どちらの団体にとってもいい日だったようです。NXTが70万台に乗るのは3月4日以来、Dynamiteが80万台に乗るのは3月25日以来です。

NXTには4月に解雇されたカート・アングルが、Dynamiteにはマイク・タイソンが登場し、話題になりました。

【AEW】クリス・ジェリコとマイク・タイソンが抗争へ
レジェンド VS レジェンド。 現地時間5月27日に放送されたAEW・Dynamiteでは、5月23日放送のPPV"Double or Nothing"でのスタジアム・スタンピード・マッチ(Stadium Stampede M...

もう1つの重要な数字である「18〜49歳の視聴率」も見てみましょう。

  • NXT: 0.19(前週0.13)
  • Dynamite: 0.32(前週0.26)

こちらも大幅増。水曜日に放送されたテーブルテレビ局の全番組を対象にした視聴率ランキングでは、NXTが24位、Dynamiteが4位にランクインしています。

Dynamiteは18〜49歳の男性からの視聴率が極めて高く(0.40)、全体の2位。一方、50歳以上の男女の数字は相変わらず低く(0.30)、ランキングのトップ50の中でも下位になっています。

NXTは全体的に平均点。これまで得意としてきた50歳以上の男女の数字が低くなっている(0.36)のがちょっと気がかりです。

あわせて読みたい

【WWE】AJスタイルズのSmackDown移籍は「ギャローズ & アンダーソンの解雇」が原因だった
2020年4月、WWEは大リストラを敢行しました。人件費削減のために多くのレスラーが職を失い、その中にはルーク・ギャローズとカール・アンダーソンも含まれていました。 2人の解雇は、行動を共にしてきたAJスタイルズに大きな影響を...
【WWE】ナイジェル・マッギネスが一時解雇されていたことが明らかに
2020年4月、WWEは人件費削減のために複数人のスーパースターを含むスタッフの大量解雇を敢行しました。これにより、ルセフやリオ・ラッシュらが団体を去っています。 レスリング・オブザーバーによれば、現役レスラーとして2000年...
タイトルとURLをコピーしました