スポンサーリンク

【WWE】NXTがフルセイル大学から一時撤退へ。今後はパフォーマンスセンターで収録されることに

ニュース

現地時間10月4日に開催されるNXTのPPV”Takeover: 31″。会場はWWEパフォーマンスセンターになる予定です。現在”ThunderDome”の収録に利用されているアムウェイ・センターで開催されるのではないか、という噂もありましたが、そうはなりませんでした。

この件について、興味深い報道がありました。”Takeover: 31″以降、NXTの収録はパフォーマンスセンターで行われるようになるとのこと。これまでに収録会場として利用されてきたフルセイル大学からは一時撤退するのだそうです。

かつて、NXTは収録スタッフにフルセイル大学の学生を多く起用してきました。しかし、新型コロナウイルスの影響もあり、現在はWWEスタッフのみが収録に参加しています。Wrestling Incによれば、学生を使う予定がなくなった、というのが一時撤退の主要因になっているとのこと。

また、新型コロナウイルスの影響で中断されていた対面講義が一部再開されたこと、NXTが利用しているキャンパス内の会議室の学生利用が再開されたこと、選手を含むスタッフをWWEパフォーマンスセンターの近くに置いておきたいというWWE側の意思なども影響しているそうです。

Wrestling Incによれば、WWEとフルセイル大学の関係が絶たれたわけではないようです。両者の関係は友好的で、大学での収録再開の可能性も残されているとのこと。

慣れ親しんだセットを当分見ることができないのは寂しいですね。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】中止になってしまったタンパでのレッスルマニア開催。2021年の復活開催を狙っていると報じられる
2020年のレッスルマニアはフロリダ州タンパで行われる予定でした。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことにより開催は中止に。レッスルマニア・ウィークエンドも行われず、世界中のインディ団体にも大きな影響が及びました。 ...
カイリ・セインが日本でWWEプロモーションサポーターとして活動することを発表する
2020年7月にWWEから去り、日本に戻ったカイリ・セイン。WWEとは友好関係を継続しており、帰国以前から日本でWWE関連の仕事をするのではないかと噂されていました。 今日、カイリはTwitterでWWEプロモーションサポータ...
タイトルとURLをコピーしました