スポンサーリンク

番組収録再開のROH。しかし、そこにマーティ・スカルの姿がなかったことが明らかに。一体何が起きているのか?

ニュース

新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来団体としての活動を休止してきたROHは、8月下旬から番組収録を再開しました。しかし、Wrestling Incによれば、ROHの番組収録にトップスターのマーティ・スカルが参加していなかったそうです。2020年2月にヘッドブッカー兼レスラーとしてROHに残留することを決めた”The Villain”に何が起きているのでしょうか?

2020年6月まで、スカルは団体のヘッドブッカーとしてPodcast番組などで発言してきました。しかし、レスリング・オブザーバーによれば、8月中旬の時点でクリエイティブ部門のトップがデリリアスに戻っていたそうです。Wrestling Incは、スカルは6月以降ROH関連の何にも関与していないことも確認しています。

なぜこんな状況になっているのか?それは、6月下旬にTwitterで盛り上がった”#SpeakingOut”ムーブメントの中で、スカルが過去の問題行為を告発されたことが関係しています。

【ROH】マーティ・スカルが#SpeakingOut タグで告発された過去の疑惑についてコメントする
海外プロレス界は、レスラーたちの過去の問題行為を告発するTwitterのハッシュタグ"#SpeakingOut"の話題で持ちきりの状態が続いています。ジョーイ・ライアンはインパクト・レスリングを解雇され、マイケル・エルガンは停職処分に。デヴ...

ROHはこの問題についての調査を進めており、その間スカルは役職から外されているとのこと。団体内部からはこのことについて称賛の声が上がっているそうです。Wrestling Incは、団体が調査を終了し、彼の今後についての最終的な判断を下すまでこの状態が続くと予想しています。

スカルにとっては厳しい状況ですね。彼はROHを率いていくことを楽しみにしていましたし、ファンも彼がROHを導いていくことを歓迎していました。身から出た錆なので「かわいそう」などとは全く思いませんが、こんな形で彼の姿を見られなくなってしまうのは残念です。

Adam Cole vs Marty Scurll: FULL MATCH! (ROH Supercard of Honor XI)

あわせて読みたい

今年も"PWI 500"が発表。1位はジョン・モクスリー!日本人最高位は内藤哲也
アメリカのプロレス雑誌"Pro Wrestling Illustrated"が1991年から毎年発表しているプロレスラーのランキング"PWI 500"。今日、2020年版が発表されました。 順位付けの基準は次の通り。 ...
【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが語る「新日本との関係性」と「IWGP US王座」。『自由な時間があればいつでも』
2020年の"PWI 500"で1位に輝いたAEWのジョン・モクスリー。2019年にWWEを退団した際にディーン・アンブローズからインディーズ時代のリングネームに戻した彼は、AEW以外にも新日本プロレスでも活躍しました。2019年のG1 C...
タイトルとURLをコピーしました