スポンサーリンク

【WWE】マット・リドルが#SpeakingOut告発者から訴訟を起こされた問題。 NXTから被害女性へのブッキング・キャンセル・メールが公開される

ニュース

2020年6月にTwitterで盛り上がりを見せたハッシュタグ#SpeakingOutでは、多くのプロレスラーが過去の問題行為を告発されました。キャリアに大きな影響が及んだレスラーもいる中で、マット・リドルと告発者の問題は法定で争われることになっています。

女性インディペンデント・レスラーのキャンディ・カートライトは、2017年から2020年まで、不倫関係にあったリドルから性的暴行を加えられたと主張し、リドル、WWE、EVOLVE、ゲイブ・サポルスキー(EVOLVE共同設立者)を相手に数百万ドル規模の訴訟を起こしました。

カートライトによれば、彼女は2020年1月にWWEとEVOLVEからブッキングされていたものの、リドルに対して性的行為をすることを拒んだことがきっかけでブッキングがキャンセルされたとのこと。この時、NXTからカートライトに送られたキャンセル・メールがBabyface V. HeelのDavid Bixenspanによってネット上に公開されました。

1月31日、カートライト宛に送られてきたメールの送り主はNXTのレフェリーを務めるドレイク・ワーツ。WWEのエキストラのブッカーとしても働いている人物です。

サマンサ(カートライトの本名)、残念ながら、2月5日のブッキングをキャンセルしなければならないことをお知らせします。どうやら我々の知らなかった問題が過去にあったようで、あなたと選手の1人の間に理想的な職場環境が整っていないようです。あなたのキャリアに幸運が訪れることを祈ります。

ドレイク・ワーツ

「選手の1人」がリドルであることは間違いないでしょう。

また、カートライトは3月のEVOLVEへの参戦予定もこの件でキャンセルされたと主張していますが、3月に開催された”EVOLVE 146″には、彼女はソーシャルメディア・アンバサダーとして登場しています。彼女の主張をどの程度信用していいのかははっきり言ってわかりません。

そもそも、リドル側はカートライトからの度重なるストーキングに悩まされ続けており、カートライトが主張する性的暴行被害は完全な嘘だと主張しています。また、不倫関係のこじれがこの問題に発展したことは認めているものの、カートライトが#SpeakingOutムーブメントに乗じてリドルのキャリアを潰しにかかっていることを「許せない」とも発言しているのです。詳しくは下の記事で。

【WWE】マット・リドルが性的暴行疑惑に「俺たちは不倫をしていた」とコメント。告発者からのストーカー・嫌がらせの被害を打ち明ける
6月下旬から海外プロレス界を騒然とさせているTwitterのハッシュタグ"#SpeakingOut"。プロレスラーたちの問題行為が次々と告発される中、マット・リドルには女性レスラーに対する性的暴行疑惑が浮上しています。 ...

この問題は長引きそうですが、司法が介入することによってしっかりとした決着がつきそうです。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】サモア・ジョーが語る「声の仕事」。「RAWの解説も声優業も楽しい」
近年、サモア・ジョーは怪我と脳震盪に苦しみ続けています。ようやく怪我から復帰したと思ったら脳震盪で離脱、そしてCM撮影中に頭を打って再び脳震盪を起こす……という不幸の連続。現在、彼はRAWのカラーコメンテーターとして活動しています。 ...
AJスタイルズが語るクリス・ジェリコ。「本当に感謝している」
プロレス界最高の現役レスラーは誰なのか?多くのファンがAJスタイルズの名前を挙げる、もしくは候補の1人には入れるでしょう。2000年代からインディプロレス界を牽引し、2016年からはWWEで活躍中のレジェンドが、もう1人の「最高のレスラー候...
タイトルとURLをコピーしました