スポンサーリンク

【WWE】NXT Indiaに続いて、なんと「NXT Asia」発足の可能性も!インドは足がかり?

ニュース

WWEは2021年1月にインド市場向けの新番組「NXT India」の収録を開始します。番組はインドのテレビ局「Sony Ten」とWWE Networkで放送され、初回放送日はインド共和国記念日の1月26日になることが予想されています。

Sportskeedaによれば、インドと縁のある選手たちによる8人制のトーナメントが番組の最初のメインになるとのこと。収録はフロリダ州オーランドにあるWWEパフォーマンスセンターで行われます。

出場が予想される選手たちには、ジンダー・マハルやシン・ブラザーズはもちろん、ザ・グレート・カリの元でトレーニングを積んだ巨人も含まれているとのこと。

ザ・グレート・カリのもとでトレーニングを積んだ2人の身長2m超えレスラーがWWEと契約を結ぶ
2006年から2014年にかけて長身レスラーとしてWWEで活躍したザ・グレート・カリ。彼の遺伝子が2020年代のWWEで花開くかもしれません。 カリはWWE退団後にインドでレスリングスクールを立ち上げ、後輩の育成にあたっていま...

新番組、楽しみですね。ただ、個人的に注目しているのは記事の後半部分です。なんと、WWEは日本や中国、シンガポールなどをフューチャーした「NXT Asia」の立ち上げにも興味を持っているとのこと。また、新型コロナウイルスのパンデミックが収束すれば、2022年にもインドに完全な機能を備えたパフォーマンスセンターを開設すると考えられているそうです。

NXT JAPAN設立の噂が流れたのは2019年。日本単体ではなく、アジア全体にまたがるNXTが誕生するかもしれません。

Sportskeedaの情報源によれば、WWEがアジア市場の開拓を狙っているのは、AEWがアジアで強い存在感を示しているからとのことです。The Eliteは新日本プロレスで活躍していましたし、その中心人物であるケニー・オメガはCIMA率いるOWEの台湾・シンガポール遠征に参加していましたね。NXT Asiaには、アジアに基盤を持つAEW対策という一面もあるようです。WWEの下部組織がアジアで常に活動すれば、アメリカが拠点のAEWよりも強い影響力を持てるかもしれません。もちろん、日本では新日本プロレスを超えることは難しいでしょうけど……。

NXT Asiaの実現は、NXT Indiaの成功にかかっているかもしれません。

(Sportskeeda)

あわせて読みたい

【ROH】バンディードやEC3ら4人のレスラーがコロナ陽性。「Final Battle」のカードが変更に
現地時間12月18日に開催されるROHのPPV「Final Battle」。既にカードは発表されていましたが、残念ながら予定からは変更されてしまいます。 ROHによれば、イベントに出場予定だった4人のレスラーに新型コロナウイル...
【AEW】ケニー・オメガとカール・アンダーソンが再会!
現地時間12月12日にImpact Plusで配信された「Final Resolution」。イベントが行われている間、会場の外ではケニー・オメガとドン・キャリスがバスの中で待機していました。ケニーの目的は「ファミリーに会うこと」。 ...
タイトルとURLをコピーしました