スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスがWWE・HHHからのオファーを何度も断っていたことを明かす

インタビュー

タッグ戦線が充実しているAEW。中でも、2010年代を象徴するタッグチームの1つであるヤング・バックスの存在は非常に大きいと言えるでしょう。彼らはWWEから何度もオファーを受けていましたが、それらをすべて断っていました。

Fightfulのインタビューの中で、彼2人はHHHから直接オファーを受けていたことを明かしました。起用法に満足しない場合は契約を破棄できる6ヶ月のオプトアウト条項が含まれる3年間の複数年契約だったそうです。

マット: 彼は素晴らしかったよ。チャーミングな男だった。彼の口から出てくる言葉は良い事ばかりだった。何度誘いを断ったかわからないくらいだね。結局は断りきったんだけど…大げさなことは言いたくないけど、少なくとも4〜5回はオファーがあったはずだ。

交渉が終わる頃にはお互いに笑い合っていたよ。まず、話し合いは俺の「申し訳ないがこの件はパスするよ。ありがとう」という発言から始まる。1時間もすれば、2週間以内に来る次の電話について話をした。彼はマジシャンだ。実際にマジシャンとして活動していてもおかしくないね。魅力的な男だから、誰でも魅了してしまうだろう。

彼についてはポジティブな言葉しか出てこないな。本当に頭のいい人だよ。彼が言ったこと、彼が持っているアイデアは素晴らしい。ニックに何度か「なあ、契約を検討すべきなんじゃないかな」と言ったよ。俺とニック、そしてケニー(・オメガ)はこんな風に思ったこともあった。「マジかよ、俺たちWWEで引退するんじゃないか」って。

ニック: 難しい決断だったよね。

HHHがいかに有能な男なのかを語るマット。AEWとNXTのライバル関係が今後どれほど続くかはわかりませんが、お互いにいいアイデアを出し合って、プロレス界をより良くしていってほしいと思います。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガのインパクト・レスリングでの活動は今後どうなっていくのか?
AEW世界王座を獲得した後、インパクト・レスリングの番組にも出演しているケニー・オメガ。カール・アンダーソン&ドク・ギャローズと共闘することが決まったり、リッチ・スワンとの抗争が始まりそうな気配があったりと、ケニーから目が離せない状態が続い...
【AEW】ケニー・オメガが語る「ベストバウト・マシーンと同レベルのレスラーはAEWに何人いる?」
AEW世界王座を保持するケニー・オメガ。2020年12月の彼はこれまで以上に存在感が増しており、一挙手一投足に注目が集まっています。 AEWには多くの優秀なレスラーが在籍しています。しかし、ベストバウト・マシーンと呼ば...
タイトルとURLをコピーしました