スポンサーリンク

【Impact】ケニー・オメガ、リッチ・スワンに勝利!インパクト統一世界王座を獲得

ニュース

現地時間4月25日に行われたインパクト・レスリングのPPV「Rebellion」。メインイベントは、インパクト統一世界王座チャンピオンのリッチ・スワンと、AEW世界王座チャンピオンのケニー・オメガによる「タイトル VS タイトル・マッチ」でした。

この試合は明らかに特別扱いでした。アナウンスチームには、元WWEの実況アナウンサー、マウロ・ラナーロが特別参加。AEWのオーブリー・エドワーズもレフェリングに加わりました。

誰もが認める実力者同士の試合は23分にも及びました。

試合開始直後、さっそくdisrespectfulな態度を取るケニーに対し、スワンが猛攻を仕掛けます。高い身体能力を生かしたムーブでケニーにダメージを与えていきます。

中盤に差し掛かるあたりから、どちらかが優勢な展開が一定時間続く、という流れになっていきます。目立ったのはスワンの素晴らしいムーブ。とてつもないアスリートなのだと再認識させてくれました。

ケニーが勢いを取り戻したのは終盤。ワイルドなビッグブーツからのドクターワイリー・ボム、Vトリガー、浴びせ蹴り、さらにVトリガーをもう一発……という派手なムーブ構成で攻め立てます。雪崩式片翼の天使で試合を一気に決めにかかりましたが、これはさすがにカウンターで返されてしまいました。

その後、スワンがハンドスプリング・カッターをレフェリーに誤爆した後は主導権の取り合いがスタート。スワンはフェニックス・スプラッシュで大ダメージを狙います!しかし、これを回避したケニーがVトリガー→クロイツ・ラス→リバース・タイガードライバー!

さらにVトリガーの乱れ打ちで勝負あったかと思いましたが、スワンが必死の反撃。ブレーンバスターでケニーをダウンさせると、セカンドロープからのフェニックス・スプラッシュを狙います。

しかし、ケニーが再び回避。トドメのVトリガーを決め、最後は片翼の天使で3カウントを奪いました。

勝利したケニーはインパクト統一世界王座を獲得。このタイトルを構成する2つのベルト(インパクト世界王座、TNA世界ヘビー級王座)を手にし、ベルトコレクションを4つに増やしました。

試合動画はこちらから。

あと、ラナーロの実況が最高でした。これからもどこかの団体で実況してほしい!

あわせて読みたい

スヌープ・ドッグ、自身のAEW出演でWWEがいい顔をしなかったと明かす。「あいつらと?」
2021年1月にAEW・Dynamiteに出演し、フロッグ・スプラッシュを披露した超大物ラッパー、スヌープ・ドッグ。彼は2016年にWWE殿堂入りを果たしており、従妹であるサーシャ・バンクスの入場曲も手掛けています。 WWEと...
【WWE】ジョン・シナが語る「Twitterでファンをフォロバする理由」
プロレス界の顔としてだけではなく、現在は俳優としても活躍しているジョン・シナ。Twitterには約1,300万人のフォロワーがいます。著名人アカウントとしては珍しく、彼はフォローバックも頻繁に行っており、フォロー数は約25万件です。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました