スポンサーリンク

【AEW】2022年からDynamiteの放送局がTBS(アメリカ)に移動。今年8月からは新番組もスタート

ニュース

AEWのテレビ放送について大きな動きがありました。2つの重大発表があったのです。

まず1つ目。今日、AEWは新番組「AEW: Rampage」が現地時間8月13日夜(金)にTNTで放送されることを発表しました。Dynamite, Dark, Dark: Elevationに続く4つ目の番組ですが、テレビ局で放送されるという点がDarkシリーズとは異なります。

そして、もう1つの重大発表は、2022年以降のテレビ放送について。なんと、TNTでのDynamite&Rampageの放送は2021年までで終了し、2022年からはTBSで放送されるというのです。かつてWCW Saturday Nightを放送していた、TNTと同じワーナーメディア傘下の歴史あるチャンネルです。なお、2022年以降もTNTとの関係が途切れることはなく、年に4回特別番組が放送されるとのこと。PPVに近いものになるそうです。

姉妹チャンネルに移動することになった理由は何なのでしょうか。背景には、ワーナーメディアがNHLの放映権を獲得したことがあった、とワーナーメディアのブレット・ワイツ氏が認めています。NHLの試合は水曜日の夜に行われることもあり、Dynamiteの放送スケジュールに大きな影響を与えることが予想されていたのです。その「大きな影響」とはつまり、TBSへの移動でした。

この件により、AEWはワーナーメディアと新たな契約を結ぶことになりました。PWInsiderによれば、AEWはこれまでの金額を超える巨額の報酬を得ることができるようです。

また、AEW内部ではこのニュースを肯定的に受け止めているとのこと。制作コンテンツが増え、チャンネルをまたいだ展開ができるようになることは、団体にとって大きなメリットがあると考えているようです。

【AEW】ワーナーメディアとディスカバリーの経営統合はAEWに好影響?
先日、米大手メディア・コングロマリットのワーナーメディアと、ディスカバリー・チャンネルなどで知られるディスカバリー社の経営統合が発表されました。ワーナーメディアの親会社であるAT & Tにとっては、NetflixやDisneyと比べ...

(Cultaholic, PWInsider)

あわせて読みたい

【WWE】Qアノン・レフェリーのドレイク・ヤンガーがリリースされる
言動が話題になりがちだったQアノン・レフェリー、ドレイク・ワーツ(ドレイク・ヤンガー)。 Fightfulによれば、彼は今日団体からリリースされたそうです。最後の出番は現地時間5月18日放送のNXTでのティモシー・サッ...
【新日本プロレス】デイブ・フィンレーが「息子デビッドの日本での活動と新型コロナウイルス」を語る
日本での新型コロナウイルスをめぐる状況は光が見えません。ワクチンの摂取もなかなか進まず、新日本プロレスでは内部でクラスターが発生したほか、ビッグイベントの中止も決まっています。 日本で活動する外国人レスラーにとっても、こうした...
タイトルとURLをコピーしました