スポンサーリンク

【AEW】ワーナーメディアとディスカバリーの経営統合はAEWに好影響?

ニュース

先日、米大手メディア・コングロマリットのワーナーメディアと、ディスカバリー・チャンネルなどで知られるディスカバリー社の経営統合が発表されました。ワーナーメディアの親会社であるAT & Tにとっては、NetflixやDisneyと比べて劣っている動画配信サービスの強化が狙いだったようです。

AEWを放送しているケーブルテレビ局TNTはワーナーメディアの傘下にあります。今回の合併がAEWに影響する可能性は少なくありません。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEWはこの件について「慎重ながらも非常にポジティブ」な出来事だと受け止めているとのこと。合併の目的からして、AT & Tが今後動画配信サービスの強化に力を注ぐことは間違いありません。AEWは、数年後には自社コンテンツが同サービスの強力な財産になることを期待しているようです。

WWE NetworkのコンテンツがNBC系動画配信サービス「Peacock」のコンテンツの一部になったように、Dynamiteも「コンテンツの1つ」になるかもしれません。とはいえ、経営統合が完了するのは2022年なので、「すぐに」ということにはならなさそうです。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】デイブ・フィンレーが「息子デビッドの日本での活動と新型コロナウイルス」を語る
日本での新型コロナウイルスをめぐる状況は光が見えません。ワクチンの摂取もなかなか進まず、新日本プロレスでは内部でクラスターが発生したほか、ビッグイベントの中止も決まっています。 日本で活動する外国人レスラーにとっても、こうした...
【AEW】ジョン・モクスリーの自叙伝「MOX」発売日決定。「日本での忘れられない試合など…」
以前から本の執筆作業を続けいていたジョン・モクスリー。 今日、彼の自叙伝「MOX」が2021年11月2日に発売されることが発表されました。日本のAmazonでも予約が始まっています。 本の説明文は以下の通...
タイトルとURLをコピーしました