スポンサーリンク

デイビーボーイ・スミス・ジュニアが語る「AEW」

鈴木軍のデイビーボーイ・スミス・ジュニア。KESの一員として新日本プロレスのタッグ戦線で戦うだけでなく、アメリカのMLWでも中心選手として活躍しています。インディ界の重要人物である彼が、2019年に新たに誕生した団体・AEWについて語りました。新団体の誕生についてどう思っているのか?契約の話はあるのか?AEWを立ち上げたThe Eliteについてどう思っているのか?

AEWの創立について

AEWは人気のインディレスラーと次々と契約を結んでおり、スミス・ジュニアが活動しているMLWに参戦していたレスラー(ルチャ・ブラザーズ)とも独占契約を結びました。AEWの登場によって、アメリカのプロレス界は大きな変化が現れることになるでしょう。ただ、私が調べた限りでは、AEWの創立について悪く言うレスラーは一人もいません。スミス・ジュニアも新団体を歓迎しているようです。

新しく、他とは違う団体を彼らが立ち上げたことは凄いことだと思うよ。プロレス界に新たな風を吹き込んでくれることを願っている。[…]競争が生じるのは良いことだ。WWEにとっても、他の団体にとってもね。競争があってはじめて、各団体はファンの興味を引くための努力をしなければならなくなるんだ。(意訳)

個人的な意見。AEWの誕生によってアメリカのマット界に競争が生じる。これは喜ばしいことだ、という意見を見る度に、新日本一強状態が続く日本のことが心配になります。新日本に対抗できる団体の登場は「本当の」プロレスの人気回復には欠かせないことだと思うので、各団体には本当に頑張ってもらいたいです。

AEWとレスラーの契約について

AEWは、世界的な大富豪として知られるカーン一族をスポンサーにすることに成功しました。膨大な資本のもとで、ルチャ・ブラザーズやクリス・ジェリコなどの人気レスラーと契約を結んでいます。スミス・ジュニアは、もしAEWからオファーが来たら?という仮定について次のようにコメントしています。

AEWは金持ちみたいだね。入団したレスラーたちは明らかに良い条件の契約を結んでいる。私は彼らと交渉したことがないけど、もし話が来たらどうなるかわからない。新日本との関係もあるし。新日本はAEWと提携しないみたいだからね。[…]自分にとって最善の選択が何なのかを見極める必要があると思っているよ。

AEWとの契約には慎重な姿勢を見せています。スミス・ジュニアが新日本との関係を重視していることは、彼の普段の言動を見ていれば明らかなことです。AEWと新日本が提携を結んでいない現在の状況がもし続くのであれば、スミス・ジュニアがAEWのリングに上がることはないのかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました