スポンサーリンク

【WWE】ブラウン・ストローマンやアリスター・ブラックら6人の選手が解雇される。ブラックは復活に向けた動きが加速しているところだった

ニュース

今日、WWEは複数の所属選手を解雇しました。

解雇されたのは以下の選手たちです。

  • ブラウン・ストローマン
  • アリスター・ブラック
  • マーフィー
  • ラナ
  • ルビー・ライオット
  • サンタナ・ギャレット

なによりもストローマンの解雇が驚きです。WWEを象徴するような存在だと思っていましたし、今年のレッスルマニアにも当然のように出場していました。何があったんでしょう?

個人的に、一番かわいそうだと思うのはブラックです。ポール・ヘイマンがクリエイティブの現場から離れた後、彼は団体からのプッシュを得ることができませんでした。しかし、最近は復活に向けた動きが加速していたそうです。‘Dark Father’のストーリーラインが進行し、ビッグEを襲撃し、新しい入場曲の制作も進み……。

ただ、彼自身にはネガティブな感情はないようです。解雇後にTwitchでの生配信を行った際、ビンスとの良好な関係、クリエイティブチームの努力を称賛しました。

Fightfulによれば、彼らの解雇について、現場では事前に情報を共有されていなかったそうです。

【WWE】何かと話題のニック・カーン社長が取締役に選出される
2020年8月にWWEに入社したニック・カーン。WWEは、社長兼チーフ・レベニュー・オフィサーを務める彼が取締役に選出されたと発表しました。 団体内での地位を高め続けている彼は、WWE入団前はアメリカの大手エージェンシーの1つ...

(Cultaholic, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ランス・アーチャーが「新日本プロレスへの復帰」「あの男のAEW参戦を」希望。「機会があれば」
2019年に新日本プロレスで大ブレイクした後、AEWに移籍したランス・アーチャー。あの年のアーチャーの活躍ぶりは記憶に新しいですね。 新日本とは別の道を歩んだマーダーホークですが、AEWと新日本が提携している今、状況次第で再び...
【WWE】レッスルマニアの2夜開催が現場で好評。来年以降も続く?
新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから、WWEは2年連続でレッスルマニアを2夜開催しました。 プロレス界最大のお祭り興行であるレッスルマニアは、内容を詰め込みすぎて開催時間が長くなりすぎてしまうという点が批判されることも...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました