スポンサーリンク

【WWE】何かと話題のニック・カーン社長が取締役に選出される

ニュース

2020年8月にWWEに入社したニック・カーン。WWEは、社長兼チーフ・レベニュー・オフィサーを務める彼が取締役に選出されたと発表しました。

団体内での地位を高め続けている彼は、WWE入団前はアメリカの大手エージェンシーの1つであるCAAでテレビ部門の共同責任者を務めていました。その名前をよく聞くようになったのは2021年に入ってから。5月には、大規模な組織の見直しと人員削減を敢行し、その中で国際部門の責任者を担当することになったほか、新日本プロレスとの交渉にも取り組みました。

WWEで大規模な人員削減が行われ、多くのスタッフが解雇される
先日、WWEは2年連続で所属選手の大量リストラを敢行しました。 そして今日、さらなる人員削減として、多くのスタッフが解雇されたとPWInsiderが報じています。1つの記事ではなく、何本もの記事を配信していることから、...
新日本プロレスとWWEの交渉は、ダニエル・ブライアンに関する話が中心だったと報じられる
レスリング・オブザーバーが報じた「新日本プロレスとWWEの提携に向けた交渉」。プロレスファンの間で大きな話題になりました。 PWInsiderは、取材を通してこの件の最新情報を報じています。両団体の関係者から話...

今回、取締役会に加わったのは彼の他に2人。NBAアトランタ・ホークスの最高経営責任者を務めるスティーブ・クーニンと、ESPNのエグゼクティブ・バイス・プレジデントとコンテンツ部門の責任者を務めるコナー・シェルです。

彼が団体内での地位を高め続けることによって何が起きるのか?はっきりとしたことはわかりませんが、新日本との一件からもわかるように、WWEに対するイメージを変えたいという考えを持っているようです。彼主導のもとで何らかの変化が起きていくのかもしれません。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ミロ(ルセフ)「この団体は対戦相手を潰せる場所」
AEWで暴れまわっているミロ(ルセフ)。TNT王座を保持する彼は、最近はいつにも増して舌好調です。 Podcast番組「Busted Open Radio」に出演した彼は、AEWという団体を「対戦相手をぶっ殺して金を稼...
【AEW】トニー・カーン社長が「新日本プロレスとWWEの交渉」に言及。「このビジネスに"カーン"の居場所は1人分しかない」
昨日、レスリング・オブザーバーが報じた大スクープは、世界中のプロレスファンの間で話題になりました。新日本プロレスとWWEが提携に向けた交渉をしていたというのです。WWE社長ニック・カーン主導の交渉だとされています。 ...
タイトルとURLをコピーしました