スポンサーリンク

【AEW】ブッカーTが考える「ブラウン・ストローマンがAEWに向いていない理由」

ニュース

WWEから解雇されたブラウン・ストローマン。団体を象徴する存在の1人だっただけに、彼の解雇のニュースは衝撃的でした。

【WWE】退団のブラウン・ストローマン、旅立ちを決意するツイートを投稿
WWEを代表するパワーハウスレスラーだったブラウン・ストローマン。彼が団体から解雇されたことは世界中に衝撃を与えました。WWEは、彼のピークは2年前で、もはや巨額契約と釣り合わなくなってしまったと判断したと報じられています。 ...

今後もプロレスラーを続けるのか、パワーリフティングの世界に戻るのか、新しい世界に飛び込むのか……。WWE生え抜きレスラーの今後に注目が集まっています。

プロレスラーとしての活動を続行する場合、AEWが新天地の候補の1つになるでしょう。しかし、WWE殿堂入りレスラーのブッカーTは、ストローマンはAEWに向いていないとコメントしています。

彼とマッチするタイプのレスラーはロースターに2〜3人もいない。この意見は間違っているかもしれないけど、彼の存在はプロレスの古いスタイルに向いているんだ。レスラーとしての彼がダメだったと言ってるわけじゃないんだよ。でも考えてみてほしい。大昔の日本には巨人との戦いがあったけど、今のプロレスのやり方は全然違うんだよ。

ストローマンのようなレスラーが現れると、いつもこう思うんだ。この男は、今後20年間、アンダーテイカーやケインの代わりを務めるんだろうな、と。でも、そんな時代はとっくに終わってる。もう二度と戻ってくることはないだろう。

もし、ケビン・ナッシュがショーン・マイケルズのボディガードとしてWWFに登場していなかったら、彼は今日のように語り継がれる存在にはならなかったと思う。彼は「これからスターになる男」として紹介されたわけじゃない。その時点でスターだったし、プロレスファンからもその名を知られていた。ビッグ・セクシー、ビッグ・ダディ・クール、ディーゼルだったからこそファンは彼を支持したんだ。ファンは彼のカリスマ性に惹かれた。一方で、ストローマンのように「これからスターになる」ためにデビューしたレスラーにとっては、巨人としての仕事を成し遂げるのは大変なことだ。彼の働きぶりが良くなかったとは思わないけど、「Monster Among Men」として紹介されたということは、毎晩のように「誰よりも大きい」ことが求められるわけでさ。その期待に答えるのは大変なことだよ。

AEWと契約したと仮定すると、彼とマッチするレスラーは3人だけ。ランス・アーチャー、ブライアン・ケイジ、ミロ。彼らだけがブラウン・ストローマンと向き合うことができる。あとはマーク・ヘンリーかな。

大柄すぎることでマッチアップが制限される、ということを懸念しているようです。確かに……。

知名度や存在感はプロレス界でもトップクラスですが、ロースターの一員として扱っていくのは難しいのかもしれません。AEWだけではなく、多くの団体にとってそうなのでしょう。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

AEWと契約したアンドラーデ。WWE退団後の各団体との交渉はどうなっていたのか?
AEW・Dynamiteの最新回にサプライズ登場したアンドラーデ。今後はヴィッキー・ゲレロとともに活動していくことになると思われます。 2021年3月にWWEを退団した彼は、盟友ルーシュの新団体への参戦や、AAAでのケ...
インディ界の雄PWGが復活に向けて動いている?
アメリカのインディ界を牽引し続けてきたPWG。最後のイベントは2019年12月20日の「The Makings Of A Varsity Athlete」で、1年半も活動できていません。 PWGは世界中から名選手を集め、クオリ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました