スポンサーリンク

【WWE】フィン・ベイラーが「NXTと日本、ヨーロッパ」を語る。「またNXTに戻りたい」

インタビュー

2014年にWWEに入団したフィン・ベイラー。NXTで活躍したのちメインロースターに昇格し、2019年にNXTへ戻った後、2021年7月に再びSmackDownに復帰しました。

WWEのドイツ語版Facebookでインタビューに応じた彼は、これまでのキャリアを振り返り、NXTが特別な存在であることを語りました。

長い間、プロレスラーとしての俺のホームはヨーロッパだった。その後、日本での生活が長くなり、日本こそが俺のホームだと思うようになった。たとえ日本を離れたとしても、また日本に戻ってキャリアを終えるんだろう、なんてね。そして、俺はNXTに出会い、NXTとは何か、パフォーマー同士の仲間意識とは何かを知った。NXTは俺にとってとても大切なものになったんだ。

理由は異なるけど、NXTでの2度の活動は俺のキャリアにとって最も美しい時期だった。個人的にも、プロレスラーとしてもね。俺はここで大きく成長できたと感じているし、チームの一人だと思ってる。みんなとは絆で結ばれているんだ。選手だけじゃなく、舞台裏で支えてくれるスタッフ、プロデューサー、トレーナーとも繋がってる。愛着を感じ、情熱を持って取り組めるんだ。NXTでの活動は2回あったけど、いつかまた戻りたいと思ってる。

出会いが気持ちを変えていくんですね。彼のNXTでの活躍は素晴らしいものがありますし、またいつかNXT王座のチャンピオンになってほしいです。まだ40歳、これからもチャンスはあります。まあ、NXTは方針転換を迎えているところなので、彼が活躍できる場所であり続けるとは限りませんが……。

【WWE】NXTは「若手育成・体格重視」に路線変更する?
先日、WWEは12人のNXT所属選手を解雇しました。PWInsiderは、これがロゴや方針、番組フォーマットを含むNXTブランドの路線変更の一環だと報じています。 解雇の対象になったアッシャー・ヘイルは、Twitter...

Fightful

あわせて読みたい

【WWE】エンバー・ムーンがメディカルスタッフの判断によりサレイとの試合に出場できず怒りをあらわに
NXT所属のエンバー・ムーンが怒っています。 何があったのか?まず、彼女はNXTの最新回でサレイとのシングルマッチ(NXT女子王座挑戦者決定戦)を戦う予定でした。しかし、WWEは「メディカルスタッフの判断で試合への出場を許可で...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイがThis is awesomeチャントについて語る。「今は簡単に起こせる。なぜなら…」
先日はサミ・ゼインのチャント論を紹介しましたが、今度はウィル・オスプレイの考えを。 海外の試合では、会場の興奮が最高潮に達すると「This is awesome!」チャントが起こります。超やべえ! 超過激...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました