スポンサーリンク

【WWE】ポール・ヘイマンがジョン・シナの凄さを語る。「何をするにも優れている」

ニュース

俳優として大活躍中のジョン・シナ。出演作『スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は日本でも公開中です。

SummerSlamで久々に復帰し、ローマン・レインズと対戦したシナ。試合に負け、ブロック・レスナーにシバかれるという散々な目に遭いましたが、久々にプロレスラーとして活動した1ヶ月は充実していたことでしょう。

【WWE】復帰戦に敗れたジョン・シナの今後はどうなる?
SummerSlamで久々に試合復帰し、ローマン・レインズに敗れたジョン・シナ。試合後はブロック・レスナーにボコられるという散々な一日になりました。 ハリウッドで俳優として活躍しているシナ。映像作品に参加すると長期間の...

レインズのマネージャーを務めるポール・ヘイマンは、シナの凄さを次のように語っています。

彼はジョン・シナだ。16回もチャンピオンベルトを腰に巻いたが、そんなのは当然のことだよ。過去15年間、彼はWWEにとって最も金を稼ぐことのできるスーパースターだった。当たり前だな。

シナはね、自宅で時間を持て余していた時に「中国語を勉強してみようかな」と思い、理解までできるようになったんだよ。中国語で話しかけられても、その内容がわかるんだ。彼の労働倫理が現れているよね。何をするにしても優れている男だと思うよ。

目標に向かって努力することができ、目標を達成した後も更にスキルを磨こうとする。シナみたいな人間でありたいですね…。

【WWE】RAWのエグゼクティブ・ディレクターだったポール・ヘイマンにはどの程度の権限が与えられていたのか?
2019年6月から2020年6月まで、RAWを率いていたのはポール・ヘイマンでした。約1年にわたってエグゼクティブ・ディレクターを務めた彼の指揮下にあったRAWでは、リコシェやアリスター・ブラックなど、若者受けの良い選手たちが比較的良い扱い...
【WWE】ポール・ヘイマンが「ジョン・シナのECW参戦」を振り返る。「楽しんでいたと思う」
2001年に倒産した後、WWEで復活した伝説のインディ団体ECW。2005・2006年に開催された「ECW One Night Stand」は、元ECWレスラーたちをフォーカスしたPPVでした。 2006年開催の第2回...
【WWE】批判されがちな「台本」の存在について、ポール・ヘイマンが持論を語る。「契約を守らないといけないんだ」
WWEでは、選手たちには「台本」が与えられ、決められた内容のプロモをするのが普通です。この点については、「選手たちの自由が奪われている」などの理由で批判されがちです。 しかし、名マネージャーのポール・ヘイマンは、台本は絶対に必...

(Sportskeeda)

あわせて読みたい

【AEW】CMパンクが「団体の印象」「ダービー・アリン戦への準備」を語る。「パンクロックのよう」
AEWの一員としてプロレス界に復帰するCMパンク。かつて所属したWWEとは雰囲気が異なる団体ですが、彼は新天地についてどう考えているのでしょうか。 ESPNシカゴの「Kap & J. Hood」に出演したパンクは、AE...
【WWE】カリオン・クロスの新しいリングギアが話題に。「目立たないと売れない」
RAWの最新回でリコシェと対戦したカリオン・クロスの新しいリングギアが話題になっています。 Karrion Kross: How it Started How it's Going #WWERaw pic.twitter.c...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました