スポンサーリンク

【WWE】ルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンションがリリースされる。その理由とは?

2019年12月8日、WWEはルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンション(コナー&ヴィクター)の4人をリリースしたと発表しました。

2019年1月に創設された団体AEWへの強い意識から、4月以降、WWEはレスラーを契約途中でリリースしない方針を固めたとされています。2月に退団を希望したヒデオ・イタミ(KENTA)、タイ・デリンジャー(ショーン・スピアーズ)の2人は無事に退団することができましたが、4月以降に退団を希望したハーパー、マイク・ケネリス、オニー・ローキャン、シン・カラは受け入れられませんでした。ここに来て方針が変更されたようです。

【WWE】退団を希望していたレスラーが複数年契約に合意。驚きの心変わり
2019年のWWEでは、合計6人のレスラーが団体にリリースを要求しました。そのうち、退団が許されたのはヒデオ・イタミ(KENTA)とタイ・デリンジャー(ショーン・スピアーズ)の2人。ルーク・ハーパー、マイク・ケネリス、オニー・ローキャン、シ...

WrestlingNews.coによれば、4人をリリースする話は2週間前から出ていたようです。その理由は、彼らを解雇することによって、団体を離れたくないと思っているミッドカード以上のレスラーたちの給料を上げるためとのこと。4月以降、WWEは所属レスラーに対して3〜5年の長期・高額の再契約オファーを出しています。退団を希望し、表舞台に立たせることができないレスラーたちに給料を払うより、従順な戦力にそのお金を使いたいということですね。

4人の次なる所属先として噂されているのはもちろんAEWです。かつて、元WWEというだけでオファーを出すわけではないとクリス・ジェリコがインタビューで語ったことがあります。しかし、ハーパーはAEWのキーパーソンを親しいため、契約を結ぶ可能性は高いと見られます。

とはいえ、しばらくの間は他団体と契約を結ぶことができないため、動きがあるのは2020年の春頃になりそうです。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

ACHがプロレスを辞める?今後の予定をすべてキャンセルし、「プロレスが嫌いだ。辞める」と吐き捨てる
もう、彼のことは誰にもわかりません。理解しようとしても無理です。 WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的であると告発し、団体と対立して退団に至り、インディ界への復帰を果たしたACH。告発の中でROHやジェイ・リーサルなど、様々な対象...
元恋人の失踪に関する噂が流れていたテディ・ハートがMLWから解雇される / AEWがECWのキャッチコピーを商標登録する
ニュースをまとめて紹介。 AEWがECWのキャッチコピーを商標登録する WCWのPPV名”Bash at the Beach”を商標登録し、2020年1月15日のDynamiteのサブタイトルにしたAEW。かつてWWEと熾烈なラ...
【新日本プロレス】ドラゴン・リーが帰ってくる!リングネームを改め、東京ドームでライガーに挑戦
2019年9月にCMLLを解雇された人気ルチャドール、ドラゴン・リー。退団後はROHを中心に様々なインディ団体の大会に参戦し、12月1日にはCMLLのライバル団体AAAのリングに上がり、AEWケニー・オメガの持つAAAメガ王座に挑戦しました...
タイトルとURLをコピーしました