スポンサーリンク

【WWE】ビッグEが黒人とプロレスの今を語る。「現状を誇りに思う」

ニュース

「黒人とプロレス」を取り巻く状況はいつの時代も議論の対象になります。先日までWWE王座を保持していたビッグEは、同王座の数少ない黒人チャンピオンでした。

新年早々、AEWではビッグ・スウォールが「人種・文化的多様性が団体に欠けている」と批判したことが話題になりました。記憶に新しいところでは、WWE時代のACHが彼のグッズを「黒人差別的」だと告発し、団体を退団するにまで至ったという騒動もありましたね。

【AEW】退団したビッグ・スウォールとトニー・カーン社長が団体の構造を巡って衝突。リオ・ラッシュがトニーに怒り
2021年11月にAEWを退団した女性レスラーのビッグ・スウォールが、自身のPodcast番組で「AEWが抱える構造の問題」を指摘し、それにトニー・カーン社長が反論するという出来事がありました。 スウォールはAEW古参...
ACHが「WWEの人種差別告発騒動」を振り返る。「多くのファンを失望させてしまった」
2019年10月、当時WWEで「ジョーダン・マイルス」というリングネームで活動していたACHは、WWEが制作した彼の新グッズが人種差別的であると告発しました。暴走した彼の怒りはあらゆる方向に向けられ、その結果としてプロレス界での立場が危うく...

WWEで偉業を成し遂げたビッグEは、黒人とプロレスの「今」についてどう考えているのでしょうか?Podcast番組に出演した彼は次のように語っています。

正直、WWEやプロレス全般において、今のような状況にあることがとても好きなんだ。見渡せば、ドープな黒人パフォーマーがたくさんいる。

俺が「素晴らしい」と思うのは、我々の多くが個性を持っていて、本物で、自分自身を感じながら活動できていることだね。特定の箱の中やステレオタイプに押し込まれることなく、この地点に達することができている。大好きだよ。そう、俺は黒人とプロレスの現状を何よりも誇りに思う。

「ビッグEだからそう言える」という部分もあるかもしれませんが、多くのパフォーマーがのびのびと活動できている状況が喜ばしいことなのは言うまでもありません。

改善すべきところは改善し、これからも歩みを続けてほしいです。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ペイジが「Royal Rumbleの時期になると自分の名前がトレンド入りすること」にコメント
1月のPPV「Royal Rumble」。女子ロイヤル・ランブル・マッチではレジェンドのサプライズ参戦が定番化しています。 首の怪我が原因で引退した女性スーパースターのペイジは、SNSで復帰に向けて努力を重ねていること...
【WWE】NXTの重要人物が解雇されたことについて、HHHはどう考えているのか?彼らに期待されていた役割とは?
今週、WWEはウィリアム・リーガル卿やロード・ドッグ、ゲイブ・サポルスキーといったNXTの重要人物たちを解雇しました。 彼らはNXTでHHHと一緒に働いていたメンバーです。HHHが連れ戻したサモア・ジョーも解雇されてしまい、黒...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました