スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が元ROHブリスコズに言及。「偉大なチームだが…」

未分類

活動停止に入ったROH。所属レスラーたちの契約はすべて解除されました。

ジェイ・リーサルやブロディ・キングがAEWに、PCOがインパクト・レスリングに移籍するなど、元所属レスラーたちの動きが活発になっている中、ベテランタッグチームのブリスコズ(ジェイ&マーク・ブリスコ)の去就にも注目が集まっています。

2001年にCZWで結成されたThe Midnight Outlawzを前身とするブリスコズは、21世紀のインディプロレスシーンを代表するタッグチームとして長年に渡って活躍してきました。チームとしての試合数は2022年1月15日時点で637。ROHや新日本プロレス、ノアなどの団体でタッグ王座を獲得するという実績も残しています。

2021年11月、2人がAEW・Dynamiteのバックステージを訪れる予定だったと報じられました。また、ROHのPPV「Final Battle」では、AEWのFTRとの間に確執が生まれています。AEWはタッグ戦線の充実に力を入れている団体なので、ブリスコズの新天地としてはぴったりでしょう。彼らとの契約を望んでいるファンも少なくありません。

AEW社長のトニー・カーンは、Podcast番組「Busted Open Radio」に出演した際、「ブリスコズがAEWにやって来る可能性はあるか」と質問され、次のように答えています。

まあ、素晴らしいチームだとは思うよ。ROHですごい歴史を積み重ねてきた。でも、(公式に言えることは)ない。うちのロースターは充実してるからね。

素晴らしいチームだし、目が話せない存在なのは間違いないけど。何も言えないね。AEWでは最近も多くの素晴らしいレスラーたちをデビューさせてるからさ。

何かを隠しているのか、本当に「ない」のか?

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】HHHが新日本プロレス&ROH「G1 SUPERCARD」開催の阻止を狙っていたと報じられる
2019年4月、新日本プロレスとROHはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で合同興行「G1 SUPERCARD」を開催しました。 WWEとの関わりが非常に強い団体で行われた歴史的なイベントは、販売開始から1...
【AEW】アルコール依存治療中のジョン・モクスリーが復帰へ。1月下旬にGCW参戦
2021年11月にアルコール依存治療プログラムに入り、活動を停止したジョン・モクスリー。著書の出版、AEW世界王座への挑戦権を賭けたトーナメント出場中という状況での決断でした。 治療を受ける中で、モクスリーは順調に回復していっ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました