スポンサーリンク

AJスタイルズが2016年のWWE入団を振り返る。「ダニエル・ブライアンだっているし、AJはいらないだろ?と思って」

インタビュー

2016年のRoyal Rumbleにサプライズ登場し、NXTを経ずにメインロースターとしての活動を開始したAJスタイルズ。

彼はインディシーンの超大物でした。2000年代はTNAでサモア・ジョーやクリストファー・ダニエルズとしのぎを削り、2010年代は新日本プロレスでBullet Clubの2代目リーダーとして活躍。世界最高峰のレスラーとして誰もが認める存在でしたが、WWE入団は2016年まで実現しませんでした。

実際、彼にはWWEからのオファーが来ず、それがWWE入団が遅くなった理由のようです。BT Sportのインタビューの中で、彼は自身のキャリアとWWEについて、次のように語っています。

俺の成功がどういうものであるかということは、他人にどうこう言われるものじゃない。俺の成功の基準は俺が決める。WWEで仕事をしなくても家のローンを払うことができていたし、それで十分成功していたと言えたんだ。まあ、レッスルマニアに出場する機会がないのはちょっと残念だったけど、それでもOKだった。俺は自分自身のために頑張っていたし、WWE入団前の時点で俺はいろんなことをやってたんだ。みんなが思うよりもたくさんね。

(WWEからのオファーがずっとなかったことを疑問に思ったことはあるか、という質問に対し)疑問に思ったことはないね。一度もない。WWEが俺を必要しなかったということなんだろうと考えてたんだ。たくさんの選手がいる団体だし、AJスタイルズは必要ないんだろう、と。ダニエル・ブライアンだっているし、AJはいらないだろ?って思ってさ。それでよかったんだよ。

WWEでの彼の活躍は目覚ましいものがあります。彼と中邑真輔がWWEに移籍した2016年、2人が去った新日本プロレスではケニー・オメガと内藤哲也がビッグスターに成長しました。世代交代の成功例ですね。

【AEW】ケニー・オメガ「もしもAJスタイルズと対戦する事があれば…」
新日本プロレスやインパクト・レスリング、そしてAAAといった団体と提携しているAEW。団体の規模は圧倒的に異なりますが、WWEはライバル的存在です。一匹狼のWWEに対し、AEWはあらゆる団体と手を組む姿勢を取るなど、両団体のやり方には様々な...
AJスタイルズがWWEに移籍する際の懸念は「ビンスからステレオタイプなギミックを与えられるかも」だった
WWEのビッグスターとして活躍中のAJスタイルズ。21世紀のアメリカ・プロレス界を代表するレスラーの1人である彼は2016年にWWEに入団しました。 WWEの最高責任者はビンス・マクマホン。基本的に、ほとんどの決定は彼...

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトがタマ・トンガにブレードランナー!Bullet Clubに何が?
現地2月19日に開催されたインパクト・レスリング「No Surrender」でThe Good Brothers(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)とゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ & タンダ・ロア)が...
【AEW】ケニー・オメガが「Codyの退団、副社長4人のビジョンの違い」を語る。「我々 VS 彼らに最も熱心だったCodyが…」
2021年末にAEWとの3年契約を満了したCodyは、その後もフリーエージェントとしてAEWへの参戦を続けました。サミー・ゲバラを相手にしたTNT王座の防衛戦に破れた後、彼は自らが立ち上げに深く関与した団体から去ることを決め、WWEへの復帰...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました