スポンサーリンク

【WWE】レッスルマニア38でのジョン・シナとスティーブ・オースチンに関する計画はどうなっているのか?

ニュース

現地4月2・3日にテキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで開催されるレッスルマニア38。プロレス界最大のお祭りに向け、あらゆる計画が動いています。

レアな大物の参戦もレッスルマニアの名物。今年はストーン・コールド・スティーブ・オースチンの現役復帰が計画されており、もし実現すれば、彼にとっては2003年以来の試合となります。

ここでは、ストンコの他に、俳優としても大活躍中のジョン・シナに関する報道も見ていきましょう。

ジョン・シナ

現在44歳のシナは、2019年以降WWEでの活動をセーブし、俳優としての活動に重きを置いています。2020年のレッスルマニア36、2021年のSummerSlamには参戦できましたが、基本的には俳優としてのスケジュールの隙間にWWEへ参戦することになります。

レスリング・オブザーバーによれば、シナは今年のレッスルマニア38を欠場することになるそうです。団体内ではもちろん彼の出場について議論されました。しかし、俳優としてのスケジュールが優先であること、WWEへの参戦によって参加作品の撮影が延期される可能性を懸念し、試合出場はできないという方向に話が進んだとか。

スティーブ・オースチン

以前の報道によれば、彼はケビン・オーエンズとの試合が計画されているとのことでした。レスリング・オブザーバーは、ストンコがレッスルマニア38に参加することは決まっているものの、試合に出場するかは定かではないようです。ただ、少なくともショーの中でオーエンズと向き合うことにはなる、とのこと。

WWE側は彼の試合出場を望んでいるようですが、実際にどうなるかはまだ決まっていません。続報を待ちましょう。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

WWEが2018年にROH買収を狙った理由は「テープライブラリー入手とROHの活動停止」だったと報じられる
AEWトニー・カーン社長がROHを買収したというニュースは、2018年にWWEがROHの買収を狙っていたという話に注目が集まるきっかけになりました。 HHHはROH、ビンス・マクマホンは新日本プロレスの買収を狙っていた、WWE...
【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトが「禁断の扉」「コロナ禍におけるアメリカでの活動」を語る
新日本プロレスとAEWの緊張関係を表す言葉だった「禁断の扉」。KENTAが扉を開いたこと、新日本とAEWが提携関係になったこともあり、現在は「他団体からレスラーがやってくること」を示す言葉として使われています。 新日本所属のジ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました