スポンサーリンク

マイケル・エルガンが逮捕される。原因は元婚約者へのDV疑惑と保護命令違反

ニュース

新日本プロレスやROHで活躍したプロレスラー、マイケル・エルガンが逮捕されました。

WrestlingNews.coによれば、エルガンが逮捕されたのは6月29日。その数日前、「エルガンが行方不明になった」とFacebookで話題になり、無事に見つかった……という話がありました。

逮捕の原因になったのは、元婚約者(アレックス)への保護命令を複数回違反したことです。エルガンから「肉体的、精神的、言葉的、感情的に虐待されていた」と主張するアレックスは、身の危険を感じて2021年4月に家を出た後、5月21日に保護命令を申請していました。

アレックスによれば、彼女は何度も家を出てエルガンから離れることを考えていたそうですが、「恐怖心から」一歩踏み出すことができなかったとのこと。4月に家を出た後は、エルガンから執拗に電話やテキストメッセージが送られてきて、「自殺するぞ」と脅してきたのだそうです。アレックスの友人や家族にもコンタクトを取ってきたため、みんなでエルガンの電話番号やアカウントをブロックしたところ、彼は別のアカウントや電話番号で接触し続けてきたそうです。別人を装うこともあったとか。

何度「やめて」と言っても状況が改善されなかったため、保護命令の申請に踏み切った。しかし、エルガンは保護命令を60回以上も違反した……という背景が、今回の逮捕にはありました。

アレックスが受けたと主張する虐待の内容はひどいものばかりです。箇条書きを見るだけでも気分が悪くなるのでここには書きませんが……。

そのうちの1つ、「自殺をほのめかして脅迫する」というのはDV夫がやりがちな手法の1つですね。アレックスによれば、エルガンから同様の被害を受けた女性が何人もいるそうです。

【新日本プロレス】マイケル・エルガンが退団した背景には何があったのか?タマ・トンガとの間に確執
2019年3月、新日本プロレスはマイケル・エルガンが退団したことを発表しました。それから約2年が経った今、「彼がなぜ退団したのか」についての情報が飛び交っています。 発端はFightfulの報道でした。新日本内部の情報源によれ...
性的暴行を告発されたジョーイ・ライアンがインパクト・レスリングから解雇される。マイケル・エルガンは停職処分に
複数の女性から性的暴行を告発されたインディシーンの大物レスラー、ジョーイ・ライアンが解雇されてしまいました。 所属団体であるインパクト・レスリングからの発表によれば、ライアンの他にもデイブ・クリストも解雇。女性に対して偽名で性...
マイケル・エルガン「マジでプロレスのことはもう好きじゃない」その理由とは
2019年3月31日をもって新日本プロレスとの契約を満了し、インパクト・レスリングに移籍したマイケル・エルガン。現在も元気に活動中ですが、プロレスに対する考えは複雑なようです。 エルガンは、Twitterでこう語りました。 ...

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

【ROH】マリア & マイク・ベネットがルビー・ライオット & オーガスト・グレイのROH入団を希望。「素晴らしい」
2021年はWWEからリリースされた選手たちが非常に多い1年になっています。今後の活動をどうしようか悩んでいる選手もいるでしょうが、中には既存団体から「来てほしい」と契約のアプローチを受ける選手も出てくるでしょう。 2...
【WWE】ブレア・ダベンポート(ビー・プレストリー)がNXT UK移籍を語る。「孤独感と閉塞感があった」
2021年7月にNXT UKのロースターに加わったブレア・ダベンポート。STARDOMなどの団体でビー・プレストリーとして活動していた彼女にとって、イギリスに戻るという決断は「正しいタイミングだった」そうです。 TalkSPO...
タイトルとURLをコピーしました