スポンサーリンク

CMパンクがトニー・カーンAEW社長によるROH買収を語る。「ビンスじゃなくてよかった」

インタビュー

AEWのトニー・カーン社長によるROH買収は世界中のプロレスファンを驚かせました。インディシーンを支え続けた古豪はAEWの兄弟団体になります。

この買収により、トニーはROHの豊富なテープ・ライブラリーを得ることもできました。この件については業界の内外で様々なリアクションを巻き起こしています。AEWのCMパンクは、「WWEの最高責任者ビンス・マクマホンではなく、トニーが買収して良かった」と考えているようです。

PPV「Revolution」後の記者会見で、彼は次のようにコメントしています。

俺はROHを愛していた。かつての俺の映像が良い手に渡ってよかったよ。どれほど嬉しいか、言葉では言い表せないくらいだ。ライブラリーが誰かの手に渡り、大切に扱われることがどれだけ嬉しいことか!文字通り、自分の赤ちゃんが誰かの手に委ねられているような感覚なんだ。誰なら赤ちゃんを正しく育ててくれるか、良くしてくれるか、俺にはわかる。放っておかれることもなければ、操作性の悪いアプリで公開され、子どもたちへの報酬分配がない、なんてことも心配不要だよ。

(トニーが買収したことを知って)ホッとした。正直言って、俺のフッテージの買い手はトニーかビンスかのどちらかだっただろ?俺の映像をビンスの手に渡すのは嫌だった。彼は俺の映像をたくさん持っているけど、そのことで報酬が発生することはないしね。

パンクは、映像による収益を選手へ分配するためのWWEのシステムを批判したことがあります。選手はテレビ放送から収益を受け取ることはできず、DVDの売り上げの一部だけが手元に入る。そのことを今も快く思っていないのでしょう。

WrestlingNews.co

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長がROH買収のビジョンを語る。「計画はたくさんある。ブッカーになるつもりだ」
ROHを買収したトニー・カーン社長。AEWのクリエイティブに関する最終決定権を持ち、NFLジャクソンビル・ジャガーズとプレミアリーグのフラムFCで共同オーナーを務め、多忙な日々を送る青年は、ROHをどのように導いていくのでしょうか。 ...
CodyとWWEの状況に変化?WWE側が「確証を持てていない」と報じられる
AEWから退団したCodyは、古巣WWEへの復帰が有力視されていました。 実際、Sports Illstratedが「CodyはWWEに入団する」と報じたこともあります。しかし、状況は変わっているようです。 先週の報道で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました