スポンサーリンク

ドク・ギャローズがトニー・カーンAEW社長によるROH買収を語る。「プラス要素がたくさんある」

インタビュー

AEWトニー・カーン社長によるROH買収はポジティブな出来事として受け入れられています。

AEW側の意向とROHの現場とのズレは続くかもしれませんが、時間がそれを解消してくれるでしょう。少なくとも、WWEに買収されていたら活動停止に追い込まれていたかもしれないわけですから、トニーに買収されたのはROHの命をつなぐ重大な事件でもありました。

現在はインパクト・レスリングで活動するドク・ギャローズは、Wrestling Incのインタビューの中でこのニュースについて持論を述べました。

好意的に見ているよ。ROHのレスラーたちの流入だとか、AEWのロースターのサイズを見れば、若手やテレビ出演を争っているレスラーたちにとってプラス要素が多いと思う。AEWの指導を受けながらROHに行き、ブランドを耕すことができるわけだからね。

トニー・カーンと彼のチームがプロレスにとってとてもポジティブな存在なのは明らかだ。ファンもROHの存続を望んでいるだろう。レスラーを育成するためには良いことしかないし、DynamiteやRampageに何とかして出ようとしているレスラーたちにとっても、彼らの実力を示すチャンスになると思う。

多くのNXTロースターたちにとってそうだったように、あるブランドでしのぎを削った経験が後のキャリアに活かされることは少なくありません。AEWのレスラーたちにとって、ROHはそうした団体になるかもしれませんね。

【AEW】マット・ハーディーがROHの未来を語る。「AEWにとってのNXTのようになる気がする」
ROHを買収したAEWトニー・カーン社長はブッカーになることを公言しており、現地4月1日開催の「Supercard of Honor」も彼のチームでプロデュースしたがっていると報じられています。 AEWで成功を収めている根っか...
CMパンクがトニー・カーンAEW社長によるROH買収を語る。「ビンスじゃなくてよかった」
AEWのトニー・カーン社長によるROH買収は世界中のプロレスファンを驚かせました。インディシーンを支え続けた古豪はAEWの兄弟団体になります。 この買収により、トニーはROHの豊富なテープ・ライブラリーを得ることもできました。...

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ジョーイ・ジャネラが退団の意思を固める。「再契約に興味はない」
2019年に旗揚げしたAEWの初期メンバー、ジョーイ・ジャネラ。インディシーンで精力的に活動し、支持を受けていた彼のAEWでのキャリアは想像以上に厳しいものになりました。 PPVとして開催された2019年の「Fyter Fes...
WWEと契約のCody。復帰に向けた計画はどうなっているのか?
2016年以来のWWE復帰を決めたCody。2022年2月にAEWを退団した後、常に去就に注目が集まっていた彼はどのような形でWWEユニバースの前に姿を現すのでしょうか? これまでの報道によれば、彼はレッスルマニア38への出場...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました