スポンサーリンク

【AEW】シングルマッチで初対決のFTR。彼ら自身がトニー・カーン社長にアイデアを売り込んで実現することが明らかに

インタビュー

AEW所属のFTR。ダックス・ハーウッドとキャッシュ・ウィーラーは、プロレス界を代表するタッグチームとしてあらゆる団体で暴れまわっています。

ROHとAAAのタッグ王座を保持する彼らはファンから非常に高く評価されており、ROHの復活興行「Supercard of Honor」でのブリスコズ戦はマッチ・オブ・ザ・イヤー候補級の試合でした。誰もが認めるトップパフォーマーです。

そんな2人は、次回のDynamiteで行われるオーエン・ハート杯トーナメントでシングルマッチを行います。WWE時代の2014年にタッグを結成し、それ以来苦楽を共にしてきた2人がリングの対角線に立つのはこれが初めて。

Podcast番組「Wrestling Perspective」にゲスト出演した2人は、この試合が決まった背景を語りました。ハーウッドによれば、2人はずっとシングルマッチで戦いたいと考えてきたそうです。しかし、このアイデアを実現させるためには、AEW社長のトニー・カーンを説得する必要がありました。

ハーウッド:適切な状況じゃなければならなかった。理由が必要だったんだよ。それがオーエン・ハート杯トーナメントだ。これは完璧な「理由」になる。俺たちにとって、個人的にもプロフェッショナルとしても、ハート・ファミリーは非常に大きな存在だ。ここで試合をすることで、オーエン・ハートとその家族全体に敬意を示すことができる。世界最大のプロレスファミリーを愛する2人を出場させることよりもいいことなんてあるだろうか?

トニーはアイデアを気に入ってくれたけど、「わかった。でも、筋が通るかどうか考えてみないとね」という感じだった。だから、俺たちは「なあ、できる?やらせてくれよ、俺たちはやりたいんだ」と言い続けたんだ。それで、彼は「わかったよ、すべてうまく行く方法がある。試合はフィラデルフィアでやろう。ファンに受け入れられる」と言ってくれた。アイデアを気に入ってくれたトニーが許可を出したおかげで、試合ができる。

ECWの本拠地、プヲタの聖地フィラデルフィアでついに実現するシングルマッチ。現地4月27日放送のDynamiteは見逃せません。

【海外の反応】新日本プロレスワールドでAEWの2番組の配信が決定!海外ファンも両団体のコラボに大盛りあがり
2021年以降、AEWと新日本プロレスは関係を深めています。 禁断の扉を開いたのはKENTA。その後、多くの新日本レスラーがAEWのリングに上がり、鈴木みのるはブライアン・ダニエルソンとマッチ・オブ・ザ・イヤー級の名勝負を演じ...
【AEW】WWEがFTRの獲得に興味を示していると報じられる
タッグ戦線が充実しているAEWの中心チームとして活躍しているFTR。 ダックス・ハーウッドとキャッシュ・ウィーラーは、WWE時代に抱えていたような不満をまったく感じない環境でのびのびと活動し、ROH世界タッグ王座、AAA世界タ...
【新日本プロレス】ジェフ・コブがAEWのFTRを相手にIWGPタッグ王座の防衛戦を行うことに前向き。「リスペクトしてる」
新日本プロレスワールドでAEWのウィークリー番組「Dynamite」と「Rampage」の日本語実況版配信が始まったことは、世界中のプロレスファンを驚かせるビッグニュースでした。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことを...
【AEW】レジェンドレスラー、ブレット・ハートがCMパンクとFTRを語る。「感謝している」
90年代のプロレス界を代表する名プロレスラー、ブレット・ハート。ハート・ファミリーの一員として常に注目を集め続けた彼が業界に残した影響は強く、引退から20年以上が経った今も様々な場所で名前が挙がります。 WWE...

SESCOOPS

あわせて読みたい

【AEW】負傷欠場中のケニー・オメガ。「Double or Nothing」には間に合わない?
激しいスタイルのプロレスで世界を変えてきたケニー・オメガ。その試合は非常にインパクトのあるもので、世界中のファンを魅了してきました。 しかし、彼の身体はその代償を払い続けており、慢性的な体調不良や全身の怪我を抱えながら活動を続...
【AEW】QTマーシャルが親友コーディ・ローデスとの関係を語る。「彼がいない職場に行くのは最低だ」
WWEへ復帰したコーディ・ローデスは、AEW時代にジョージア州アトランタでプロレススクール「Nightmare Factory」を設立しました。ホームページには、今も彼の名前がオーナー兼コーチとして掲載されています。 彼と共に...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました