スポンサーリンク

【AEW】2024年の退団が噂されるMJF。団体との間に新契約に向けた話し合いはないと報じられる

ニュース

AEWの若手スター、MJF。クリス・ジェリコやCMパンクといった業界の超大物たちとの抗争を経た彼の立ち位置は、AEWにおいては唯一無二のものです。

毎週のようにテレビ番組に出演し、ファンを引きつけ続けている彼ですが、AEWと結んでいる現在の契約の内容に不満を持っているとされています。両者の契約は2024年末で満了しますが、MJFはWWEからのオファーに耳を傾ける気満々です。そのことを隠そうともしません。

【AEW】MJFが「2024年の契約満了後、退団する方向に意思が傾いている」と報じられる
2024年にAEWとの契約を満了するMJF。以前から「フリーエージェントになればWWEからのオファーに耳を傾ける」と公言しており、すべてはお金次第であることをまったく隠そうとしません。 以前から、彼はAEWとの契約に不満だとさ...

Fightfulによれば、MJFとAEWの間に新契約に向けた「明白な話し合い」は行われていないとのこと。これはAEWが彼との契約延長・新契約に興味がないということではなく、AEW側は交渉を始めたがっているものの、MJF側がそうした働きかけに一切応じていないそうです。

AEWのトニー・カーン社長はMJFに対して高額のオファーを出すことに前向きだとされています。両者の契約には「双方が合意すれば、契約年数を延長することができる」というオプションが付いているものの、少なくともMJF側にオプションを行使するつもりはないようですから、彼を団体につなぎとめるにはお金を積む他にありません。

WWEもMJFに関心を持っているとされていますが、どうなるのでしょうか?今回のような報道が出ること自体、MJFがみんなを踊らせようとしているのではないか、と疑ってしまいます。

【AEW】MJFは「Forbidden Door」に興味なし。「棚橋弘至って誰だよ」
AEWと新日本プロレスが合同で開催するスーパーショー「Forbidden Door」。現地6月26日、シカゴでプロレスファンの夢が実現します。 オカダ・カズチカ VS ケニー・オメガ、ブライアン・ダニエルソン VS ザ...

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

サモア・ジョーが語るプロレス界最大の禁断の扉。「WWEの扉は開いていない」
「禁断の扉」という言葉は、もともと新日本プロレスとAEWの間に漂う緊張関係を意味するものでしたが、今となっては「団体間の交流」のような、広範な意味を持つようになりました。 新日本とAEWは現地6月26日にシカゴで合同興行「Fo...
【AEW】エディ・キングストンがインディシーンへの思いを語る。「恩返しをしたい」
AEWの人気選手、エディ・キングストン。熱いスタイルの試合、エモいプロモが評判です。 2002年デビューの彼がAEWと契約したのは2020年。それまでの間、彼はインディシーンを舞台に様々な団体のリングに上がっていました。現在も...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました