スポンサーリンク

ザッカリー・ウェンツ(ナッシュ・カーター)がWWEからの解雇の原因になった「ヒトラーのモノマネ写真」について謝罪する

ニュース

元NXTタッグ王座チャンピオンのナッシュ・カーター。

彼は王座戴冠から間も無く、妻キンバー・リーによる告発が原因でWWEから解雇されました。告発内容は家庭内暴力と「ヒトラーのモノマネ写真」で、WWEが問題視したのは後者だとされています。

【WWE】MSKのナッシュ・カーター解雇。家庭内暴力とナチ式敬礼、解雇の原因になったのは
インディシーンでラスカルズのメンバーとして活躍し、WWE入団後はNXTで「ナッシュ・カーター」のリングネームで活動していたザッカリー・ウェンツ。 NXTタッグ王座戴冠から数日で、彼は団体から解雇されました。 4月5日、ウ...

今日、彼はSNSで謝罪文を発表しました。

写真に写っている私の姿をどれほど恥じ、申し訳なく思っているかは言葉では言い表せません。言い訳できる行いではなく、全て私の責任です。どうか許していただきたいと思います。

写真は2015年に撮影したもので、私はその問題について無知でした。どれほど人を傷つけてしまうものなのか、理解していなかったのです。2020年、ある人がこの写真を「SNSに投稿するぞ」と私を脅してきました。そこで、私は妻に写真を送り、その状況について話し合ったのです。妻は写真を保管していて、その後、離婚の復讐としてSNSに投稿したようです。写真が表に出た経緯はともかく、私に弁解の余地はありません。

この1ヶ月、私は自分の行動を振り返り、最大限の後悔と反省をしています。SNSから離れてリフレッシュし、勉強し直すために時間を使いました。この状況が、人々にあの悲劇の恐ろしさを伝え、認識されることに繋がるのを願っています。もう二度と起きてはならないことです。

あれは本心からの行動ではないと断言します。そして、学び直すことに、自分を向上させるのに遅すぎることはないと思っています。

もしあなたがオーランドのメイトランド地区にいらっしゃることがあれば、ホロコースト・メモリアル・リソース&エデュケーション・センターを訪ねてみてください。その歴史について深く学ぶことができます。歴史の重要性を教えてくれる、目を見張るような、衝撃的な体験でした。

家庭内暴力疑惑については言及していませんが、これは彼の立場からできる精一杯のアクションなのでしょう。

あわせて読みたい

【AEW】MJFが団体に抱える不満、ロッカールームの意見は分かれていると報じられる
MJFの契約に関するニュースが話題になっています。 彼は以前からAEWとの2024年まで続く契約の内容に不満を持っていると報じられており、契約満了後に退団する方向に気持ちが傾いていると報じられました。不満の内容は金銭面をはじめ...
【AEW】クリス・ジェリコがヒールターン後にも入場曲「Judas」を使い続けている理由を明かす
プロレスラーにとって入場曲は重要なファクターです。曲の雰囲気が会場の雰囲気を左右し、試合の盛り上がりに影響します。 AEW所属のベテランレスラー、クリス・ジェリコは、入場曲に「Judas」という曲を使用しています。自身がフロン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました