スポンサーリンク

【AEW】MJFが団体に抱える不満、ロッカールームの意見は分かれていると報じられる

ニュース

MJFの契約に関するニュースが話題になっています。

彼は以前からAEWとの2024年まで続く契約の内容に不満を持っていると報じられており、契約満了後に退団する方向に気持ちが傾いていると報じられました。不満の内容は金銭面をはじめとして多岐にわたるようで、彼自身も「WWEのビンス・マクマホンがAEWのトニー・カーン社長よりも高額のオファーを出すなら、俺はWWEへ行く」と公言しています。

【AEW】MJF「俺は2024年1月にフリーになる。もしビンス・マクマホンがトニー・カーンより金を出すなら…」
MJF。試合よし、マイクよし、インタビューよし。あらゆる形でファンを楽しませてくれる若き才能は、何よりもお金がほしいのです。 AEWのコンテンツに欠かせない存在へ成長したMJFは、以前から「20...
【AEW】2024年の退団が噂されるMJF。団体との間に新契約に向けた話し合いはないと報じられる
AEWの若手スター、MJF。クリス・ジェリコやCMパンクといった業界の超大物たちとの抗争を経た彼の立ち位置は、AEWにおいては唯一無二のものです。 毎週のようにテレビ番組に出演し、ファンを引きつけ続けている彼ですが、AEWと結...
【AEW】MJFが「2024年の契約満了後、退団する方向に意思が傾いている」と報じられる
2024年にAEWとの契約を満了するMJF。以前から「フリーエージェントになればWWEからのオファーに耳を傾ける」と公言しており、すべてはお金次第であることをまったく隠そうとしません。 以前から、彼はAEWとの契約に不満だとさ...

彼の不満は以前から度々話題になっていましたが、ロッカールームの同僚たちの意見は分かれているようです。Fightfulによれば、「MJFは契約内容を遥かに上回るパフォーマンスを見せている」と考える関係者がいる一方で、MJFの不満を解消するべく、トニー・カーン社長が彼との契約内容を満了前に見直すようなことがあれば、「悪しき前例になる」と」考えている人もいるとか。

何にせよ、MJFはAEWのファンにとって特別な存在です。WWEでも活躍できるでしょうが、AEWという舞台でこそ彼の力を存分に発揮できるのではないか、と個人的には思います。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

サモア・ジョーが語るプロレス界最大の禁断の扉。「WWEの扉は開いていない」
「禁断の扉」という言葉は、もともと新日本プロレスとAEWの間に漂う緊張関係を意味するものでしたが、今となっては「団体間の交流」のような、広範な意味を持つようになりました。 新日本とAEWは現地6月26日にシカゴで合同興行「Fo...
【AEW】クリス・ジェリコがヒールターン後にも入場曲「Judas」を使い続けている理由を明かす
プロレスラーにとって入場曲は重要なファクターです。曲の雰囲気が会場の雰囲気を左右し、試合の盛り上がりに影響します。 AEW所属のベテランレスラー、クリス・ジェリコは、入場曲に「Judas」という曲を使用しています。自身がフロン...
【AEW】ダービー・アリンが「恩人」コーディ・ローデスのWWE移籍を語る。「彼が幸せなら、俺も幸せ」
AEWのファンに愛される若手四本柱の1人、ダービー・アリン。レジェンドレスラー、スティングとのコンビで活動する彼は、もはや団体に欠かせない存在です。 そんな彼がAEWへの初参戦を果たしたのは、2019年6月開催の「Fyter ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました