スポンサーリンク

【WWE】コーディ・ローデスが胸筋を断裂しながらセス・ロリンズ戦に出場できたのは、「それ以上のダメージはありえないから」?

ニュース

PPV「Hell in a Cell」でのセス・ロリンズ戦で会心のパフォーマンスを見せたコーディ・ローデス。

トレーニング中に胸筋を断裂し、右胸のあたりを真紫に染めながらのパフォーマンスは業界内で高く評価されています。怪我を押しての出場に賛否はあれど、素晴らしい試合だったことには違いありません。

【WWE】ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)がコーディ・ローデス VS セス・ロリンズを絶賛。「金を稼げよ」
PPV「Hell in a Cell」で行われたコーディ・ローデスとセス・ロリンズのシングルマッチは様々な観点で話題になりました。 まず、コーディは負傷しながらの強行出場でした。トレーニング中に胸筋を断裂し、試合後に手術を受け...
WWEがコーディ・ローデスの9ヶ月の欠場を発表する。胸筋断裂の手術に成功したばかり
胸筋を断裂した状態でPPV「Hell in a Cell」に出場し、セス・ロリンズに勝利したコーディ・ローデス。 右胸のあたりが真紫に変色した状態での奮闘は非常に高く評価され、彼のキャリアにおけるハイライトの1つになったと評判...

この試合が実現した背景には、コーディ自身の強い意志があったとされています。たとえ怪我をしていても、PPVのメインイベンターを勤め上げたい。団体はそこにストップをかけることもできたはずですが、結局はゴーサインを出しました。その理由は何だったのでしょうか?

Fightfulによれば、WWEの判断は、「コーディの大胸筋は骨から完全に断裂した状態だったため、たとえ試合に出たとしても、それ以上のダメージはありえない可能性が高かったから」なのだそうです。胸筋断裂の修復手術を受けたコーディは9ヶ月間も欠場することが発表されています。それ以上のダメージはないから試合に出てもいいよ、というのはすごい話ですね…。

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

負傷者続出のAEW…。クリス・ジェリコがDynamiteを欠場した理由は何なのか?
あのレスラーが収録をボイコットした、あのレスラーがTwitterで大暴れ、あのレスラーがパイプボム。負傷、負傷、負傷。病気、病気、病気…。ここ1ヶ月のプロレス界は大荒れです。大手団体はどこもかしこも大変な状況になっています。 ...
ペイジが重大発表。7月7日付でWWEから退団することを明かす
若くしてWWEの女性スーパースターとして活躍したペイジ。 1992年生まれの彼女は2005年にプロレスラーとしてデビューし、2012年からWWEでの活動を開始しました。NXT女子王座、WWEディーヴァ王座を獲得し、団体を代表す...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました