スポンサーリンク

【WWE】不品行疑惑のジョニー・エースが休職。ブルース・プリチャードがタレント部門の暫定責任者に

ニュース

ウォール・ストリート・ジャーナル誌がスクープしたビンス・マクマホンのスキャンダルにより、団体上層部が揺れています。

ビンスが元女性従業員と不倫関係を持ち、新型コロナウイルスのパンデミックにより選手たちが次々と解雇された2020年に不倫相手の給与を2倍にしたことや、300万ドルの手切金を払って秘密保持契約を結んだことなどが報じられています。

【WWE】不品行疑惑のジョニー・エースについて匿名のWWE女性選手がコメント。「一緒にいるくらいならアレの方がマシ」
ビンス・マクマホンが元WWE女性職員と不倫関係を持ち、口止め料として300万ドルを支払うことに合意した、というウォール・ストリート・ジャーナル誌のスクープが話題です。 2020年、WWEが選手たちを大量に解雇して経費削...
【WWE】ビンス・マクマホンのスキャンダル、ステファニー・マクマホンの復職。団体内のリアクションはどうなっているのか?
ウォール・ストリート・ジャーナル誌によるスクープにより、スキャンダルが明らかになったビンス・マクマホン。 女性従業員と不倫関係となったこと、彼女をおもちゃのように扱ったとされること、彼女に300万ドルを支払う代わりに秘密保持契...
WWE役員会がビンス・マクマホンを解雇できる「たった2つの条件」があると報じられる
WWEの最高責任者。プロレス界で最も強い影響力を持つ男。76歳のビンス・マクマホンは、最近スクープされた元従業員女性との不倫、そして口止め料300万ドルの支払いというスキャンダルによって窮地に立たされる可能性があるようです。 ...

その一方で、WWEには過去にもこうした秘密保持契約が交わされた過去があり、その中にはタレント・リレーション部門責任者でトップレベルの権力者であるジョニー・エース(ジョン・ロウリネイティス)による不品行疑惑も含まれていたとされているのです。また、ビンスの不倫相手がタレント・リレーション部門へ異動となった時、ビンスは彼女を「おもちゃのように渡した」という疑惑もあります。

PWInsiderによれば、エースはWWE役員会による疑惑の調査が完了するまで休職するそうです。調査が終わるまで会長&CEOを辞し、クリエイティブ関連の仕事に専念するビンスとは異なる対応ですね。

報道によれば、RAW&SmackDownのエグゼクティブ・ディレクターを務めるブルース・プリチャードがタレント・リレーション部門の暫定責任者になるとのこと。彼もまたエースと同様に強力な権力を持つグループの1人なので、移行はスムーズに行われるでしょう。

PWInsider

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコがMJFを語る。「AEWにいた方がいい。でも、止められない」
AEW所属のMJFは、Dynamiteでの団体への不満を爆発させた伝説級のプロモを披露した後、テレビ番組に出演していません。 AEWのテレビ番組を放送するテレビ局の親会社であるワーナーメディアは、MJFを広告に一切起用しないよ...
【Impact】AJスタイルズ、カート・アングル、スティングが「Slammiversary」に登場!
インパクト・レスリングには長い歴史があります。 現在はWWEで幹部として働いているジェフ・ジャレットがTNAを設立したのは2002年のこと。2000年代はWWEの最大のライバルとして活動し、AJスタイルズやサモア・ジョー、クリ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました