スポンサーリンク

【AEW】ゴールドバーグがウォードローと比較されがちなことにコメント。「プロレスには真剣勝負の強さが必要だ」

インタビュー

2022年のAEWで最も格を上げたのはウォードローかもしれません。

MJFのボディガードしてAEWに初参戦したのは2019年。そのMJFの元を離れ、シングルプレイヤーとして独立していくストーリーはファンを熱狂させました。

【AEW】ウォードロー「次世代のジェフ・ハーディーになるのが最初の目標だった」
2022年にAEWで大きく格を上げたウォードロー。 ムキムキマッチョな身体、イケメン、イケボ、スワントーンボムを華麗に決めてみせる身のこなしの軽やかさ。MJFとの構想を経てスターへの道を歩みだした34歳の青年がこれからどのよう...
【AEW】ウォードローがMJFを徹底的に批判。「クソ。ビジネスの内でも外でも彼の行動は受け入れ難い」
PPV「Double or Nothing」開催前日のファンイベントをドタキャンしたことで本格的に表面化したMJFとAEWの確執。 WWEからやってきたレスラーたちよりも年俸が低いこと、団体への貢献が低評価されていることなど、...

スコーピオ・スカイの持つTNT王座を奪い取り、勢いに乗るマッチョマン。筋骨隆々な体格から、彼はゴールドバーグやブロック・レスナーと比較されることもあります。そのことについて、「比較される側」はどう考えているのでしょうか?Bleacher Reportによるインタビューの中で、ゴールドバーグはウォードローについてこうコメントしています。

比較されるのはわかるよ。彼の試合をたくさん見ているわけではないけど、健闘を祈ってるよ。ああいうキャラクターはこの業界に必要だ。プロレスには真剣勝負の強さが必要なんだよ。肉を切るタイプもいれば、そのままかじりつくタイプもいるってこと。そうだろ?彼はもっと肉を食べないとな。

彼が俺と比較されることについてどう思っているかは知らない。でも、結局のところ、自分が成り上がっていけそうなビジネスのトップにいる人と比較されるのは、誰にとっても名誉で光栄なことじゃないかな。

【AEW】ゴールドバーグがクリス・ジェリコとの関係を語る。「険悪だった時期もあるけど、本当に良い奴だ」
大手団体に所属するプロレスラーは常に一緒に旅をするため、毎日近い距離で仲間たちと接することになります。 仲良くなる人もいれば、そうじゃない人もいる。それでも一緒に仕事をしなければならない。怪我のリスクが非常に高いエンタメに身を...
【WWE】ブレット・ハートがブロック・レスナーを絶賛。「ゴールドバーグとは正反対だ」
プロレス界最大のビッグネーム、ブロック・レスナー。この業界で最も稼ぐ男です。 彼の活動については様々な意見が飛び交いがちですが、WWEという舞台でビッグネームとして期待に応え続けているのは間違いありません。そんな彼は、夢の対戦...

We All Live in Wardlow’s World, The New TNT Champion! | AEW Dynamite, 7/6/22

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ケニー・オメガが復帰間近?彼の復帰に合わせて様々なプランが変更されたと報じられる
2021年11月から長期欠場に入っているケニー・オメガ。 満身創痍の状態で活動を続けてきた彼は、スポーツヘルニアや極度のめまい、膝の負傷などを抱えています。欠場に入った当初は2022年春にも復帰できると見込まれていましたが、実...
【WWE】セス・ロリンズが胸筋断裂状態のコーディ・ローデスとの試合を振り返る。「かなりグロかった」
PPV「Hell in a Cell」でのセス・ロリンズ戦を目前に控えていたコーディ・ローデスは、トレーニング中に胸筋断裂を負傷を負いました。 彼の胸筋は骨から完全に離れ、ひどい内出血は腕から脇を経てへそのあたりまでを紫色に染...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました