スポンサーリンク

【AEW】ウォードロー「次世代のジェフ・ハーディーになるのが最初の目標だった」

インタビュー

2022年にAEWで大きく格を上げたウォードロー。

ムキムキマッチョな身体、イケメン、イケボ、スワントーンボムを華麗に決めてみせる身のこなしの軽やかさ。MJFとの構想を経てスターへの道を歩みだした34歳の青年がこれからどのような活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです。Dirt SheetやPodcast番組で彼がインタビューを受けるケースも以前よりぐっと増え、ファンベースでも彼への期待感が高まっているのがわかります。

【AEW】躍進中のウォードローが活躍のモチベーションを語る。「女性視聴者が増えるきっかけになりたい」
MJFのボディガードとして2019年からAEWに参戦しているウォードロー。MJFと決裂し、シングルプレイヤーとして独り立ちした34歳は、今最も注目を集めているAEWレスラーの1人です。 体格よしルックスよし動きよし。パワーなら...
【AEW】ウォードローが将来的なWWE入団の可能性を否定せず。「Never Say Never」
MJFとの抗争の中でファンから熱い支持を集め、一躍スターとなったウォードロー。 ムキムキの体、きれいなスワントーンボムを決める身体能力の高さ、ルックスの良さ。スターの素質を兼ね備え、マット・ハーディーもその将来性を高く評価して...
【AEW】ウォードローが最近の躍進を語る。「みんなが俺の名前を大合唱してくれるのを、ずっと夢見ていた」
AEWには多くの優秀なレスラーが所属しています。設立当初はアメリカでは小柄だと考えられるようなレスラーが多かったものの、ロースターの拡大によって大柄なレスラーも増え、パワー VS パワーが売りの試合も珍しくなくなりました。 そ...

今でこそ相手をパワーボム地獄に落としている彼ですが、元々の目標はそうしたパワーを活かしたスタイルではなかったそうです。Podcast番組「The Wrestling Classic」にゲスト出演した彼は、プロレスラーとしての初期の目標について次のように語りました。

俺は自分がどのように見られるのかを完全には理解できていないんだ。身長191センチ、体重121キロだから、漫画に出てくるヴァイキングみたいな見た目なのは理解してるよ。人は見た目で判断してくるからね。特にプロレスという世界ではそうだ。俺は俳優として成功できず、プロのアスリートとして成功できず、ボディビルダーとしてもうまくいかなかった。何かを追い求めるために、何にでも挑戦するヤツなんだなって思われてたんだろう。

いやいや……っていうね。俺は元々チビだったんだ。身長170センチくらいで、体重も70キロちょっとでさ。次世代のジェフ・ハーディーになることを最初のゴールにしていたくらいなんだよ。スワントーンボムを何年も使ってきたし、いくつもの飛び技を身体に叩き込んだんだ。

彼は高校生の時に身体がグッと大きくなり、現在のスタイルを確立したといいます。身体が大きくなる前にフライング・ムーブを身体に叩き込んでいたことがスワントーンボムを綺麗に決めることができる理由だ、身体や筋肉は記憶を持っているんだ……とウォードローはしみじみ語りました。

Is Wardlow's Powerbomb Symphony Going Out of Business? | AEW Dynamite, 3/2/22

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ミロがAEW暫定世界王座を徹底的に否定。「チャリティーのタイトルには興味ない」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」のメインイベントは、ジョン・モクスリーと棚橋弘至によるAEW世界王座の暫定王者決定戦でした。 このイベントでは、CMパンクの持つAEW世界王座に棚橋が挑戦すること...
【AEW】トニー・カーン社長がWWEとのジョイント・ショー開催に前向きな姿勢を示す
WWEのビッグスター、ジョン・シナのデビュー20周年を記念するRAWに、AEWからクリス・ジェリコや「ダニエル・ブライアン(ブライアン・ダニエルソン)」がビデオメッセージを送ったことは非常に話題になりました。 かつてシナと同じ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました