スポンサーリンク

【WWE】HHHのクリエイティブ責任者就任により、出番が減ることを恐れている選手たちがいると報じられる

ニュース

ビンス・マクマホンがWWEから引退し、共同CEOに就任したステファニー・マクマホンとニック・カーン社長、そしてタレント・リレーション部門 & クリエイティブの責任者に就任したHHHがこれからのWWEを率いていくことになりました。

NXT時代からその手腕を高く評価されていたHHHがこの地位に就くことはとてもポジティブなことで、多くのファンや選手が歓迎しています。もっと早く彼が責任者になっていればWWEから退団することはなかった、と語るAEWレスラーもいるほど、この人事のインパクトは大きいのです。

ビッグEがHHH時代に突入するWWEへの期待を語る。「多くの人が興奮するエキサイティングな時期に」
ビンス・マクマホンがスキャンダルを原因に引退し、HHHがクリエイティブを引き継いだことで、団体のクリエイティブのあり方が変わりそうです。 PPV「SummerSlam」では、退団報道もあった紫雷イオや、2022年4月にリリース...
元NXTロースターのAEWレスラー「もしHHH率いるRAW & SmackDownにいれば、退団することはなかった」
2019年にAEWが設立されてから、WWEの選手がAEWへ移籍するケースは珍しくありません。 特に2020年と2021年のWWEは経費削減のために大規模なリストラを敢行し、多くの選手が契約を解除されてしまいました。現在のAEW...

しかし、ビンス時代のWWEで活躍していた選手にとっては、このニュースは決してポジティブなものではないようです。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、一部の選手たちは「HHHによって出番が減らされるかもしれない」という恐れを抱いているとのこと。

PPV「SummerSlam」でベイリー & イヨ・スカイ(紫雷イオ) & ダコタ・カイが復帰し、トリオでプッシュされていくことが予想されているように、HHHがメインロースターに新たな風を吹かせるのは間違いありません。それは、これまでに活躍していた選手たちに当たるスポットライトが減ることを示唆しているのです。番組の放送時間は変わりませんからね。

誰の出番が増え、誰の出番が減るのか。今後のWWEの方向性をこの観点で見ていくのも面白そうです。

Triple H leaves his boots in the ring: WrestleMania 38 (WWE Network Exclusive)

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクスとナオミが復帰に合意したと報じられる
クリエイティブへの不満から番組収録をボイコットし、無期限謹慎処分となったサーシャ・バンクスとナオミ。 サーシャは2022年6月に退団したという報道もあり、2人の去就は極めて不透明な状況でした。しかし、ビンス・マクマホンが引退し...
【WWE】SummerSlamでトラクターを運転したブロック・レスナー。リングちゃぶ台返しはぶっつけ本番だったと報じられる
PPV「SummerSlam」のメインイベントでローマン・レインズと対戦し、トラクターを駆使した衝撃的なムーブを披露したブロック・レスナー。 さすがWWEといった試合内容はシニア・プロデューサーのマイケル・ヘイズが手掛け、ファ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました