スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長が「WWEとのレスラー争奪戦が増えること」にコメント。「より素晴らしいレスラーが求められる時代に」

ニュース

今後、WWEとAEWの間でレスラーとの契約争奪戦が激しくなることが予想されています。

ビンス・マクマホンが引退し、HHHがクリエイティブの責任者に就任したことで、WWEがプッシュするレスラーの傾向が変わるかもしれません。ベイリー & イヨ・スカイ(紫雷イオ) & ダコタ・カイのトリオ結成はそれを予感させる出来事でしょう。

また、HHHが率いていた時代のNXTで活躍し、現在はAEWに所属するある選手が「HHH率いるメインブランドで活動できていたら退団しなかった」と発言するなど、HHHの手腕に惚れ込んでいるレスラーがWWEを有力な選択肢にしていくことを予想させるニュースがいくつか報じられています。

元NXTロースターのAEWレスラー「もしHHH率いるRAW & SmackDownにいれば、退団することはなかった」
2019年にAEWが設立されてから、WWEの選手がAEWへ移籍するケースは珍しくありません。 特に2020年と2021年のWWEは経費削減のために大規模なリストラを敢行し、多くの選手が契約を解除されてしまいました。現在のAEW...
【WWE】タレント・リレーション部門の責任者に就任するHHHは「AEWレスラーとの契約に熱心になる可能性がある」と報じられる
WWEは業界大手の団体ですが、ライバルたちの存在も忘れてはなりません。 90年代はWCWやECWも人気があり、2000年代はTNA、2019年以降はAEWが競合団体と呼べる規模で活動しています。業界内の「テレビ番組でも人気者に...

こうした状況を踏まえ、AEWのトニー・カーン社長は、今後激しくなるであろうWWEとの争奪戦について次のようにコメントしています。

それはこれまでも懸念してきたことではあるんだけど、これまで以上に「素晴らしいレスラー」が求められるようになるんじゃないかな。プロレスファンにとってはいいことだよね。それってプロレス界で最もエキサイティングなことじゃないかと思うし。

フリーエージェントは面白いよ。(WCWが消滅してから)AEWが登場するまでの約20年間、この業界にはWWE以外に適切なフリーエージェント獲得の競争相手がいなかった。業界に欠けていることの1つだったんだ。この先は何年もエキサイティングな時代が続いていくと思うね。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】SummerSlamでトラクターを運転したブロック・レスナー。リングちゃぶ台返しはぶっつけ本番だったと報じられる
PPV「SummerSlam」のメインイベントでローマン・レインズと対戦し、トラクターを駆使した衝撃的なムーブを披露したブロック・レスナー。 さすがWWEといった試合内容はシニア・プロデューサーのマイケル・ヘイズが手掛け、ファ...
リック・フレアーが正真正銘のラストマッチに勝利。流血も最後はフィギュア・フォー・レッグロック
プロレスイベント「Starrcast V」の一環として開催されたリック・フレアーのラストマッチ興行。 世界中のプロレス団体からレスラーたちが集まって前座を務め、メインイベントはフレアー & アンドラーデ(フレアーの娘シ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました