スポンサーリンク

【WWE】タレント・リレーション部門の責任者に就任するHHHは「AEWレスラーとの契約に熱心になる可能性がある」と報じられる

ニュース

WWEは業界大手の団体ですが、ライバルたちの存在も忘れてはなりません。

90年代はWCWやECWも人気があり、2000年代はTNA、2019年以降はAEWが競合団体と呼べる規模で活動しています。業界内の「テレビ番組でも人気者になれる」優秀なレスラーの数は限られており、契約は争奪戦になることもあります。

2020年以降、WWEが経費削減のために所属選手を大量に解雇するようになると、彼らの一部がAEWへ移籍し、テレビ番組で活躍するケースが増えました。その多くはHHH時代のNXTで活躍していた選手たちで、HHHのことを慕い、またHHHも彼らのことを信頼している。そんな関係です。

HHHがWWEのタレント・リレーション部門 & クリエイティブの責任者に就任することで、プロレス界に大きな変化が訪れることが期待されています。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、HHHがAEWレスラーとの契約に熱心になる可能性があることを指摘。ビンス・マクマホン時代のWWEでは活躍できなかった、あるいは活躍の見込みがないと判断してAEWへ移籍したレスラーたちが契約切れを迎える時、HHHが彼らを欲しがれば、両団体の間で熾烈な争奪戦が繰り広げられるかもしれません。

人気と実力を兼ね備えたトップレスラーたちはその恩恵を受けることになりそうです。AEWとしては、WWEに引き抜かれそうなレスラーたちを適当に扱うことはできませんし、番組でしっかりと活躍の機会を与え、また資金面でも彼らが満足できる金額を提示しなければ、彼らを失ってしまうことになります。

HHHの地位が向上したことで、楽しい競争が更に激しくなるのであれば、これほど喜ばしいことはありません。

元NXTロースターのAEWレスラー「もしHHH率いるRAW & SmackDownにいれば、退団することはなかった」
2019年にAEWが設立されてから、WWEの選手がAEWへ移籍するケースは珍しくありません。 特に2020年と2021年のWWEは経費削減のために大規模なリストラを敢行し、多くの選手が契約を解除されてしまいました。現在のAEW...
【AEW】アダム・コール&マラカイ・ブラックの契約期間が2027年まで残っていることが明らかに
2019年に旗揚げしたAEWは、初期メンバーたちと3年契約を結ぶケースがほとんどでした。 2020年以降に入団したレスラーたちの契約年数はバラバラで、これまでに明らかにされていないものも多く、いつ「その時」が訪れるか、ファンに...

Triple H's 25 greatest moments: WWE Top 10 Special Edition

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

ルーシュがAEW & ROHでの活動への意気込みを語る。「ベストであることを証明したい」
日本のファンにもお馴染みのルーシュ。 新日本プロレスとの関係性が強い彼は、AEWで盟友アンドラーデと結託し、新たなスタートを切りました。先日開催されたROHのPPV「Death Before Dishonor」では弟ドラゴン・...
【WWE】ビンス・マクマホンの引退発表後、団体の売却に関する話はされていないと報じられる
ビンス・マクマホンの引退はWWEの根幹を大きく揺るがす大事件です。 なぜなら、ビンスはWWEを世界規模の団体にまで成長させた立役者で、WWEは彼のビジョンを世間に披露するメディアでもあったから。彼が団体のすべての役割から引退し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました