スポンサーリンク

【AEW】アダム・コールが「比較的早期に」試合復帰できると報じられる

ニュース

肩の負傷や脳震盪などの理由で離脱中のアダム・コール。

先日はThe Undisputed Eliteのメンバーとして久々にテレビ番組に登場しましたが、試合にはまだ出場できる状態ではありません。復帰の許可は下りておらず、将来的なスポットのために番組に登場した、ということになります。

一時のAEWはトップレスラーたちに負傷者が多く、番組作りが大変な状態でした。しかし、ブライアン・ダニエルソンとCMパンクが復帰し、ケニー・オメガもまもなく復帰することが報じられています。コールの場合はどうなのでしょうか?

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼はまだ復帰の許可が下りてはいないものの、「比較的早期に」問題をクリアできるだろう、とのこと。具体的なスケジュールは定かではありませんが、もしかしたら9月のPPV「ALL OUT」に間に合うかもしれません。

先日のDynamiteで復帰したパンクも「負傷箇所の状態が悪い」と報じられたばかりでしたし、コールの場合も予想より早く復帰できる可能性はありそうです。

What a Turn of Events for the Undisputed Elite | AEW Dynamite, 8/3/22
【AEW】アダム・コール&マラカイ・ブラックの契約期間が2027年まで残っていることが明らかに
2019年に旗揚げしたAEWは、初期メンバーたちと3年契約を結ぶケースがほとんどでした。 2020年以降に入団したレスラーたちの契約年数はバラバラで、これまでに明らかにされていないものも多く、いつ「その時」が訪れるか、ファンに...

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】元NXTボビー・フィッシュがHHHのクリエイティブ責任者就任にコメント。「彼なら状況を好転できる」
HHH時代のNXTでは多くのインディ出身選手が活躍し、名勝負を次々と生み出していました。 ビンス・マクマホンが引退し、HHHがクリエイティブを引き継いだことで、団体の内外からポジティブな意見が聞こえるようになっています。ビンス...
【AEW】一部レスラーが扱いに不満を抱いていることについてトニー・カーン社長がコメント。「最大限の努力が必要」
AEWには多くの優秀なレスラーが在籍しており、全員が適切なスポットライトを浴びることができているわけではありません。 アンドラーデやミロといった中堅どころのレスラーは現在のブッキングに不満を持っているとされ、ファンからも様々な...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました