スポンサーリンク

ミッキー・ジェームスが引退を示唆

ニュース

WWEを中心に様々な団体で活躍してきたミッキー・ジェームス。

1999年デビューの23年目は近年も精力的に活動し、2022年のRoyal Rumbleにはインパクト・レスリング所属の立場で女子ロイヤル・ランブル・マッチに参戦しました。プロレス界において重要な役割を果たしてきた彼女ですが、7月のチェルシー・グリーン戦を最後に出場機会がなくなっていました。

9日、彼女はTwitterで引退を示唆するツイートを投稿し、話題になっています。

(WWEアスカのタッグパートナーにならない?というファンからのツイートに対し)いや、プロレスラーとしてはもう終わったと思っているから。

2021年以降はインパクトやNWAで活動し、女性部門の底上げにも貢献してきたジェームス。これからもプロレス界に残るのであれば、様々な団体から重宝されるでしょうね。彼女にしかできない仕事はたくさんあるはずです。

Mickie James makes a historic Royal Rumble Match entrance: Royal Rumble 2022 (WWE Network Exclusive)

あわせて読みたい

【AEW】一部レスラーが扱いに不満を抱いていることについてトニー・カーン社長がコメント。「最大限の努力が必要」
AEWには多くの優秀なレスラーが在籍しており、全員が適切なスポットライトを浴びることができているわけではありません。 アンドラーデやミロといった中堅どころのレスラーは現在のブッキングに不満を持っているとされ、ファンからも様々な...
【AEW】ブッキングに不満のミロが「現在の契約が切れたらどうするか」についてコメント
2020年にAEWへ入団したミロは、TNT王座のチャンピオンとして暴れまわっていた時期もあったものの、最近はブッキングに恵まれない時期が続いているように見えます。 2021年9月にTNT王座を失った後は怪我で長期離脱し、202...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました