スポンサーリンク

【WWE】HHH新体制の発足でブレイ・ワイアット復帰の可能性が浮上したと報じられる

ニュース

2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。

高額な年俸やパフォーマンスの問題から解雇されたと報じられたこともありましたが、最高責任者ビンス・マクマホンとの複雑な関係も影響していたとされており、ビンス体制での復帰は絶望視されていました。

【WWE】マット・ハーディー「ブレイ・ワイアットとビンス・マクマホンの関係は本当に奇妙だった。愛と憎しみの二面性があった」
2021年にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。団体を代表するパフォーマーの1人でしたが、複雑な理由で解雇されることになりました。その後、彼はプロレス界から離れたまま。いつ復帰するのかはわかりません。 ...

しかし、ビンスがスキャンダルで引退し、HHHがクリエイティブを引き継いだことで、状況は好転する可能性があるようです。Fightfulによれば、団体内部の数名が「ビンス引退でワイアットとの再契約の可能性が浮上した」と考えているとのこと。ワイアットにとって、ビンスの引退はポジティブな出来事になるかもしれません。

彼とHHHの関係がどのようなものかは不明ですが、ビンスとの関係よりも悪いということはなかなか考えられない…はずです。

ワイアットがWWEから退団した後、インパクト・レスリングが彼の獲得に全力を注いでいた時期もありましたが、彼はインパクトに入団する意思がまったくないとされています。AEWへの入団も噂が流れては消えていく状態なので、彼がプロレスというビジネスで今後も大金を稼ぎたいのであれば、手っ取り早いのは古巣復帰なのでしょう。

ブレイ・ワイアット「プロレスはラブストーリーではなく、マゾヒストたちのおとぎ話だ」
プロレスは非常にハイコンテクストなジャンルで、一言でその特徴を言いはめることが困難です。 プロレスへの想いはひとそれぞれで、業界には多様なプロレス観がうごめいています。だからそこ豊かな表現が生まれ、エンターテインメントとしての...
【WWE】マット・ハーディー「ビンス・マクマホンはブレイ・ワイアットに『お前はギミックを演じきれていない』と言い放っていた」
2021年7月にWWEを退団したブレイ・ワイアットと団体最高責任者ビンス・マクマホンの間には複雑な関係があったとされています。 基本的に、ビンスはワイアットのパフォーマンスが大好きで、彼のことを考えている時間は多かったようです...

Mr. McMahon comes face-to-face with “The Fiend” Bray Wyatt: SmackDown, August 21, 2020

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】久々にDynamite登場のCMパンク。現在もリハビリが続いていると報じられる
Dynamite最新回で行われたジョン・モクスリーとクリス・ジェリコによる暫定AEW世界王座のタイトルマッチ。 ジェリコ感謝協会とBlackpool Combat Clubの抗争の一環として行われた試合は名勝負となり、ジェリコ...
【WWE】元NXTボビー・フィッシュがHHHのクリエイティブ責任者就任にコメント。「彼なら状況を好転できる」
HHH時代のNXTでは多くのインディ出身選手が活躍し、名勝負を次々と生み出していました。 ビンス・マクマホンが引退し、HHHがクリエイティブを引き継いだことで、団体の内外からポジティブな意見が聞こえるようになっています。ビンス...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました