スポンサーリンク

【AEW】ダンハウゼンが語る「吾輩とオレンジ・キャシディによる新しいプロレスファン層の開拓」

インタビュー

2019年に設立されたAEWはスポーツライクなプロレスを標榜しており、副社長に就任したCodyやヤング・バックス、ケニー・オメガがインタビューで団体の特徴を「アスレチック」だと発言していたこともありました。

それだけに、無気力キャラのオレンジ・キャシディが初期メンバーとしてAEWと契約した時には一部のファンから批判的な意見が上がったこともあります。今では団体屈指の人気者になったキャシディですが、多くのファンからの信頼を獲得するまでには長い道のりがあったのです。

オレンジ・キャシディのAEW入団にファンから賛否両論。アスリート・プロレス団体には非アスリートキャラは不必要なのか
先日、AEWは人気インディレスラーのオレンジ・キャシディの入団を発表しました。 人気者ではあるものの、身体能力をあえて隠す無気力スタイルの個性派がAEWに加わることについて、ファンの間では様々な意見が飛び交っているよう...
【AEW】異色のキャラクターを持つオレンジ・キャシディについて、Dynamite放送局はどう考えているのか?社長トニー・カーンが明かす
スポーツライクなプロレスを標榜するAEWにおける最も異色なキャラクターは間違いなくオレンジ・キャシディでしょう。高い身体能力を持ちながら、普段はデニムのポケットに両手を入れてやる気なさげに振る舞うイケメンです。 AEW...

2022年、AEWは元ROHのダンハウゼンと契約しました。「Very Nice, Very Evil」ことダンハウゼンは不思議な悪魔キャラで、名勝負を生み出せるわけではなく、そのキャラクター性がファンから評価されるタイプのレスラーです。

彼とキャシディに共通しているのは、その際立ったキャラクター性がこれまでプロレスに興味を示さなかった層にもアプローチできていること。プロレス界への貢献は決して低くありません。HardLoreによるインタビューの中で、ダンハウゼンは「吾輩とキャシディによる新規プロレスファン層の開拓」について語りました。

吾輩とオレンジ・キャシディは、「こんなもんプロレスとしてはベタすぎるだろ」とイチャモンを付けたがる人たちにとっては定番の批判先なんだよね。その一方で、「私の友達はプロレスが嫌いだけど、あなたたち2人のことは好きらしいよ」と言ってくれる人もいるし、「プロレスはあんまり見てないけど、あなたたち2人のおかげでちゃんと見るようになったよ」と伝えてくれる人もいるんだ。

このことは何を証明しているのか?つまり、2人が新しいファン層を開拓していることを証明しているんだよ。レスラーとしてやるべきこと、プロレスラーとしてあるべき姿だ。吾輩とキャシディを含めて、実際にできているのはほんの一握りだけどな。吾輩はいろんな人から声をかけられるけど、「プロレスはまったく見たことないけど、君のことをYoutubeで見たよ」と言って挨拶しに来る人がたくさんいるよ。

素晴らしいじゃないか?つまり、吾輩はダンテ・マーティンのようなアスリート性とは無関係に新しいファンを生み出しているんだ。吾輩をきっかけにAEWを見た新しいファンが、「Oh、あの奇妙なヤツのおかげで私はブライアン・ダニエルソンやダンテ・マーティン、ジェイド・カーギルを知ることができた」と思ってくれているんだよ。

AEWには優秀なレスラーがたくさんいますが、彼らを知るきっかけがダンハウゼンというのは、ある意味幸せな出会い方かもしれません。彼の存在はこれからもAEWにとって重要なものであり続けるでしょう。

"The Danhausen Show" Danhausen AEW Entrance Theme | AEW Music

eWrestlingNews

あわせて読みたい

【AEW】一部レスラーが扱いに不満を抱いていることについてトニー・カーン社長がコメント。「最大限の努力が必要」
AEWには多くの優秀なレスラーが在籍しており、全員が適切なスポットライトを浴びることができているわけではありません。 アンドラーデやミロといった中堅どころのレスラーは現在のブッキングに不満を持っているとされ、ファンからも様々な...
【WWE】HHH新体制の発足でブレイ・ワイアット復帰の可能性が浮上したと報じられる
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアット。 高額な年俸やパフォーマンスの問題から解雇されたと報じられたこともありましたが、最高責任者ビンス・マクマホンとの複雑な関係も影響していたとされており、ビンス体制での復帰は...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました